カーフィルム,スモークフィルム,車フィルム 施工が日本最安の専門店

お知らせ

2018-05-31
レクサス HSに一番濃いカーフィルム ストロングスモークをに施工

レクサス HSにストロングスモーク 透過率1%施工! 施工後は透過率0%!

どの車よりも真っ暗にしたい場合はストロングスモーク 透過率1%!施工後の外観はほぼ真っ黒な透過率0%!

カーフィルム ニュープロテクション ストロングスモーク透過率1%をリア5面に施工します。

施工前、車内から見た外の風景

施工後、車内から見た外の風景…ストロングスモークは車内も真っ暗になるので、車内の視界性を守るには透過率が5%以上が望ましいかと思います。

施工前、外観

施工後、外観 完全な真っ黒です!ストロングスモーク施工後の透過率は0%!

ニュープロテクション 透過率1%ストロングスモーク カーフィルムの特徴

2016-09-24_1439-600x106
弊社、NSコーポレーション東京・横浜店では今までは一番濃い透過率のフィルムでも5%まででしたが、お客様には更に濃いカーフィルムが張りたいとのご希望を受けて、今回、透過率1%ストロングスモークをご用意致しました。
プライバシーガラスのうえから施工しますと、透過率は0%になります。

下写真はスモーク(黒系の)の真っ黒がほしいという事から作った可視光線透過率の一番濃いフィルムです。
濃さを濃くしていくと鮮明感が失われやすいのですが他のスモークタイプと同じく中から外を見ると鮮明に見える様に設計されています。(※夜間は暗いので注意必要)
needs

透過率1%ストロングスモークの施工後のイメージ

透過率1%ストロングスモークを透明ガラスから施工したものと、プライバシーガラスから施工したイメージになります。
2016-09-24_1435

レクサス HSの概要

LEXUSの「高級の本質」を追求するという理念のもと、その名の由来である「ハーモニアスセダン(Harmonious Sedan)」をテーマに、上質との調和も備えたクルマを目指して開発された「HS250h」。2.4L 150ps(レギュラーガソリン仕様)とモーター(143ps)、ハイブリッドシステムを搭載。燃費性能は10・15モードで23.0km/L(JC08モード走行燃費は19.8km/L。国土交通省審査値)を実現し、「2015年度燃費基準」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得している。車体寸法は、全長4700mm×全幅1785mmで、FF駆動のみ。ラインアップは標準的な「250h」、専用フロントグリル、18インチアルミホイールや専用チューニングサスペンションなどを装備する「バージョンS」、セミアニリン本革シート、本木目パネル、本木目+本革ステアリングを装備する「バージョンI」、前方の障害物等との衝突の可能性を判断し、車両衝突被害の軽減に寄与「プリクラッシュセーフティシステム」などの安全装備を多数搭載する「バージョンL」が用意される。今回、サスペンションの仕様を変更し、操縦性・走行安定性の向上を図るとともに、荒れた路面での乗り心地向上を実現したほか、全車に「車両接近通報装置」を新たに採用。ボディーカラーには新たに「マーキュリーグレーマイカ」を追加。また、「250h」をベースにした特別仕様車「HS 250h ハーモニアス レザーインテリア」を設定。本革素材シートを採用し、アクセントカラーを効かせたツートーンカラーの専用内装デザインを2種類採用し、より高級感を高めた仕様とした。プラズマクラスター、LEDスカッフプレートを特別装備とし、18インチアルミホイールとスポイラー(フロント・リヤバンパー/トランクリッド)をオプション設定するなど、装備を充実。ボディーカラーは特別色の「スターライトブラックガラスフレーク」を含む全7色を設定。

カーフィルムスモークフィルム車フィルムルミクールSD ・カーフィルム東京

東京都 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、調布市、町田市、狛江市、千葉県、埼玉県 神奈川県 川崎市、横浜市、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、相模原市、寒川町、座間市、逗子市、茅ヶ崎市、秦野市、葉山町、平塚市、三浦市、南足柄市、大和市、横須賀市、藤沢市、四日市

画像
画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報