カーフィルム | カーフィルム,車フィルム施工 通販が日本最安

お知らせ

2014-05-26
BMW 3シリーズ 赤外線カット断熱フィルム シルフィード カーフィルム 施工

BMW 3シリーズ 赤外線カット断熱フィルム シルフィード カーフィルム 施工 o0720040512939879945
リア5面にシルフィード カーフィルム透過率13%を施工し、
フロント・運転席・助手席に透明断熱フィルムFGR-500を施工します。

フロント・運転席・助手席の施工後の透過率です↓日本車ですと施工前でも透過率70~73%位しかないのですが、外車ですとかなり透過率は高いです。
o0720040512939880762          o0720040512939881162
施工前、車内から見た外の風景
o0720040512939881426 o0720040512939881705
施工後、車内から見た外の風景 量販店のスモークフィルムとは違い、視界も良好であるにもかかわらず、外観のプライバシーはしっかりと守られてます。
o0720040512939882049 o0720040512939882524
施工前、外観
o0720040512939880419
施工後、外観
o0720040512939883236
フロント透明フィルムに関しては、貼ってあるのかわかりません。 o0720040512939882949

but_syl01a

NSコーポレーションのカーフィルムはすべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

紫外線を99%カットし、心地よい優しい光と快適な車内環境を生み出します。
断熱性能の違いを体感器で検証。左側がシルフィード、右側が一般スモークフィルムで、スタート時はどちらも26.4℃を示している。
照射後、5分後の温度計は31.2℃と42.1℃を示している。シルフィードを施工した側が10℃以上低いことがわかる。

弊社ではフロント、運転席・助手席に透明断熱赤外線カットフィルムを施工する御客様が多数いらっしゃいます。

その際、可視光線透過率が70%未満となる着色フィルムをはり付けるなどした自動車は、取締りの対象となるため、弊社では必ず透過率計計測機器「ティントメーター」で透過率を計測します。

ティントメーター↓

merter 赤外線カット断熱透明フィルムを施工する場合の必須条項!

ティントメーターを持っていない会社はカーフィルムを施工できませんので、他社で施工する際は、「ティントメーター」を持っているか?確認したほうが良いでしょう。

また、カーフィルム施工後には「施工証明書」も必要になります。

施工証明書↓

Pic20 ALL I 8FD896BE8F9191E5 赤外線カット断熱透明フィルムを施工する場合の必須条項!

車両窓ガラスに着色フィルム等をはり付けてはいけません

不正改造は違反です!!

平成15年4月1日から道路運送車両法の一部改正により、不正改造行為の直罰化、整備命令の強化を内容とする部分が施行されました。

f5019 01 赤外線カット断熱透明フィルムを施工する場合の必須条項!

不正改造車の中でも、窓ガラスに着色フィルム等をはり付けるなどした自動車については、以前からその危険性が指摘されており、警察に対して着色フィルム装着車に対する取締りを望む声が数多く寄せられていました。

車の窓ガラスに着色フィルム等をはり付けると・・・。

  • 運転者が車外の状況を十分に確認することができない。
  • 他の自動車の運転者や歩行者から当該自動車の運転者の様子が分からない。

など、交通事故の要因となり、とても危険です。
神奈川県警察では、これらの不正改造車については、従来から道路交通法(整備不良車運転)を適用して取締りを行ってきましたが、この度の道路運送車両法の一部を改正する法律の施行を機に、窓ガラスに着色フィルム等をちょう付するなどした自動車に対する取締りを強化します。

具体例及び罰則

f5019 02 赤外線カット断熱透明フィルムを施工する場合の必須条項!

マイカー、業務用車両を問わず、前面窓ガラスはもとより運転席及び助手席側面窓ガラスに着色フィルム等をはり付けるなどした行為は、道路交通法違反(整備不良車運転)となります。

※ 可視光線透過率が70%未満となる着色フィルムをはり付けるなどした自動車は、取締りの対象となります。

反則金大型車・中型車9,000円
普通車7,000円
違反点1点

NSコーポレーションのカーフィルムはすべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報