カーフィルム スモークフィルム 車フィルムの施工 価格が激安!カーフィルム通販もやっております。

お知らせ

2014-08-16
カーフィルム千葉県 野田市 関東最安♪

平日施工のお客様がルミクールSD、シルフィードがさらに4,000円引きに!(カーフィルム野田市)

※短期間のキャンペーンになりますので、ご了承下さいませ。

千葉県でカーフィルム・スモークフィルム協力店を募集しております。

カーフィルムの施工が年間1000台以上は関東地域・安さナンバーワン!(カーフィルム野田市)

激安カーフィルム・車のスモークフィルム!「ルミクールSD」は東京・神奈川の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。他社と比較してください!

※弊社は色褪せのある外国製の使用ではなく、すべて日本製ですので5年以上は色褪せしません。
50peroff

↓画像をクリックしますと、施工金額が表示されます♪↓ルミクールSD

カーフィルム・車フィルム・スモークフィルムってなんで貼るの?(カーフィルム野田市)

まずは優先されるのがプライバシーの保護になり、日本車のプライバシーガラスでも透過率が20~30%になり、平均で25パーセント位が多いでしょう。
下記の画像の左側が透過率20%になり、右側画像が30%になり、通常のプライバシーガラスですと、かなり室内が見えてしまいます。

2016-06-30_0849 2016-06-30_0849_001

                                                         しかし、プライバシーガラスの上からカーフィルム透過率7%のフィルムを施工しますと、透過率1~2%になりますので、ほぼ外観からは見えませんので、盗難防止などにもつながります。
下記画像はプライバシーガラスの上から透過率7%施工後の画像になります。

DSCF0038-600x450

では、室内からの視界性はどうなの?
DSCF0039-600x450

↑どの透過率のカーフィルムを施工しても、もともとのプライバシーガラスより若干濃くなるぐらいですので、外観の色合いだけ決めて頂ければ、室内の視界性は良好です。

UVカット(紫外線カット)カーフィルムってなに?(カーフィルム野田市)

UVカット(紫外線カット)カーフィルムは日焼けの防止や室内のインテリアの色褪せを防ぐフィルムになっております。
今の日本車の殆どは運転席・助手席のみUVカットガラスになっており、フロントガラスや後部座席のリア3面、5面のガラスにはUVは入っておりません。
プライバシーガラスが黒いから日焼けしないかと言うと違います。下記のガラスのようにガラス右下部分にUV,UVS,UVUと記載がなければUVカットされてないので日焼けします。皆さんのガラスはどうでしょうか?
外車の90%以上はほぼUVすら入っておりません。
NSコーポレーションのカーフィルムは全てUV99%カットになります。

ガラスごとに下記のUV,UVS,UVUの刻印があるか確認してみてください。
bg__height_800_kb_0_mode_resize_quality_0_ratio__rotate_0_sigmoid__width_

赤外線カット カーフィルムって何?(カーフィルム野田市)

2016-06-30_1832

殆どのお客様がUVカットがあれば暑さ対策や冬場の保温性につながると思われておりますが、UVの他に赤外線もカットしなければ暑さ対策にはなりません。

例として、ルミークルSDを全体的に施工した場合は車内温度に変化はありませんが、ウインコスを全体的に施工すると車内温度は5度位変化し、シルフィード カーフィルムを施工しますと車内温度は11度位変化しますので、燃費の向上にもつながります。
特に外車はガラスの透明度が日本車よりも遥かに高いのでシルフィード カーフィルムをお勧めします。

※よくある赤外線カット率ですが、カット率の測定は測定機関があるわけではなく、メーカーごとに独自の測定結果ですので、実際は体感温度が大事になります。
弊社では実際、体感でき、過去のお客様も体感の違いを実感して頂いております。
皆さんかなり違うと言います!

カーフィルムの種類と性能の違い(カーフィルム野田市)

ルミクールSD
2013-07-22_2233_001-600x139

ルミークルSDは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。

ウインコス
index_ph01-600x194

ウインコスは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。

シルフィード
2013-07-22_2232-600x142

シルフィードは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が11度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
シルフィードはベンツなどを取り扱うヤナセの指定フィルムですので、外車にお勧めです。

透明断熱フィルムFGR‐500
FGR‐500はシルフィードと同じ効果があります。フロント・運転席・助手席にも施工可能です。
透過率は1%しかダウンしないので、どの車でも施工可能となります。

ニュープロテクション
2013-07-22_2240-600x187

ニュープロテクションは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。
一番、黒いカーフィルムを貼りたい場合は透過率5%があります。

ニュープロテクション インフレットピュア
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
安くフロント・運転席・助手席に施工したい場合はインフレットピュアをお勧めします。
但し、日本車の運転席・助手席は透過率73%位であり、インフレットピュアを施工しますと透過率が5%ダウンしますので、ガラスの透明度の高い外車がメインになります。

3Mカーフィルム
3Mカーフィルム

※3Mカーフィルムは自動車整備指定、認証工場のみが取り扱えるフィルムになり、ディーラーの殆どがIR機能のついた「3M カーフィルム」が性能的にも主流になっており、フィルムの性能も今までとは違い200層を超える薄い膜を重ねた特殊な高級フィルムとなっております。

カーフィルム5年保証(カーフィルム野田市)

Pic20-ALL-I_8FD896BE8F9191E5

※お客様の車が車両保険に加入していてガラスが破損した場合、相手方に車をぶつけられてガラスが破損した場合、カーフィルムも保険の対象になります。

NSコーポレーションのカーフィルムは激安ですが、すべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

紫外線を99%カットし、心地よい優しい光と快適な車内環境を生み出します。
断熱性能の違いを体感器で検証。左側がシルフィード、右側が一般スモークフィルムで、スタート時はどちらも26.4℃を示している。
照射後、5分後の温度計は31.2℃と42.1℃を示している。シルフィードを施工した側が10℃以上低いことがわかる。
万が一の事故などで側面ガラスが割れた場合、ガラスが割れて細かく飛び散り大変危険です。
シルフィードを施工したガラス。ガラスは割れますが、フィルムによって飛散が抑えられ、安全性を確保できます。
フロント透明断熱フィルムも施工しております!
カーフィルム「シルフィード」全体的に施工すると車内温度が10度変化します!

カーフィルムスモークフィルム車フィルム車のスモークフィルムガラスコーティング ご来店の多いエリア:

カーフィルム野田市の地域概要

野田市(のだし)は、千葉県北西部の東葛地域に位置する都市。人口約15.5万人で、千葉県内では12位。東京都特別区部への通勤率は13.0%(平成22年国勢調査)。

地理
千葉県の最北端の市である。関東平野のほぼ中央に位置しており、市の東を利根川、西を江戸川、南を利根運河によって、三方を河川に囲まれている。利根川を挟んで対岸が茨城県、江戸川をはさんで対岸が埼玉県である。
野田という地名の由来は諸説あり定まっていない。有力な説に「野田右馬助という武将が館を構えたことに由来する」というものがあるが、逆に「野田の地名を取って野田右馬助を名乗った」とする説も存在し、はっきりしない。
東武鉄道野田線「野田市駅」周辺はキッコーマンの創業地であり、ここから毎日、全国に醤油が出荷されている。

河川等
江戸川
利根川
座生川
逆川
利根運河
関宿用水路

野田市
先史・古代・中世
野田は江戸時代以前の記録に乏しいが、小規模な遺跡が点在しており、古くから開かれていた土地であることがわかる。古代の遺跡としては野田貝塚、山崎貝塚などが残っており、中規模の集落があったとみられている。
中世の遺跡としては、後三年の役で活躍した鎌倉景政の居城や、古河公方の重臣・野田右馬助の居城があったと伝えられている。ただし遺構は発見されていない。
また尾崎には、鎌倉幕府の有力な御家人だった野本家定の城館と伝えられる、比較的規模の大きい城館跡も残っている。木野崎には、国人の一色数馬の城館跡が残っており、豊臣秀吉の派遣した軍との戦いがあったと伝えられている。

江戸時代
徳川家康の江戸入府後には、1590年(天正18年)に岡部長盛の居城が山崎に築かれ、のちに堤台に移ったと伝えられている。
「下総山崎藩」を参照
これらの遺構や伝承はある程度残っているものの、記録が少ないため中世の情報はわからないことが多い。
野田は江戸時代に入るとやや記録が増える。これは、大消費地となった江戸に出荷する醤油産業が興り、恵まれた水運を利用して、醤油の一大ブランド地として栄えていったためとされる。陸上交通として、日光東往還が通されたため、山崎宿・中里宿などの宿場も興った。

近代以後
1889年(明治22年)4月1日
野田町・清水村・上花輪村・中野台村・堤台村・桜台村の飛地・今上村の飛地が合併して野田町が置かれる。
大殿井村・目吹村・鶴奉村(明治7年、鶴嶋新田と奉目新田が合併)・柳沢新田・宮崎新田・中根新田・横内村・花井新田の飛地が合併して旭村が置かれる。
山崎村(明治初期、亀山新田を編入)・今上村・桜台村・花井新田・堤根新田・宮崎新田の飛地・清水村の飛地・上花輪村の飛び地が合併して梅郷村が置かれる。
谷津村・吉春村・蕃昌新田・五木村・五木新田・岩名村・座生新田・尾崎村の飛地が合併して七福村が置かれる。
東金野井村・中里村・船形村・尾崎村が合併して川間村が置かれる
木野崎村・三ツ堀村・瀬戸村・二ツ塚村・上三ケ尾村・西三ケ尾村・下三ケ尾村・大青田村の一部(利根運河の北側)が合併して福田村が置かれる。

野田市の年表
1895年(明治28年)
梅郷村のうち江戸川右岸(今上の一部)を埼玉県北葛飾郡旭村に編入。
旭村が埼玉県中葛飾郡金杉村大字金杉の飛地を編入し大字金杉を設置。
1899年(明治32年) – 川間村が茨城県猿島郡中川村の一部(利根川以南)を編入し大字小山・筵内・長谷を設置。
1917年(大正6年) – 高梨家・茂木家など在郷醤油醸造家が合同して設立されていた野田醤油醸造組合が株式会社となる。
1921年(大正10年) – 野田醤油労働争議が勃発。全国から労働運動家が来訪。
1923年(大正12年) – 福田村事件が起こる。
ウィキソースに昭和25年6月8日総理府告示第177号「市町村の廃置分合」の原文があります。
1950年(昭和25年)5月3日 – 野田町・旭村・梅郷村・七福村が合併し、野田市となる。
1951年(昭和26年)1月1日 – 川間村の一部を野田市に編入する[1]。
1951年(昭和26年)七福地区に大字七光台を設置。
ウィキソースに昭和32年3月30日総理府告示第144号「市町の廃置分合」の原文があります。
1957年(昭和32年)4月1日 – 川間村・福田村を合併。
1961年(昭和36年)9月1日 – 関宿町との境界を変更する。
1965年(昭和40年) – 川間地区に日の出町を設置。
1966年(昭和40年) – 東京理科大学野田校舎(現在の野田キャンパス)が竣工。
1971年(昭和46年) – 野田地区に中野台鹿島町を設置。
1973年(昭和48年) – 野田地区に上花輪新町を設置。
1978年(昭和53年) – 七福地区に春日町・五木新町を設置。
1980年(昭和55年) – 七福地区に岩名一丁目・岩名二丁目を設置。
1982年(昭和57年) – 野田工業団地造成完了。
1983年(昭和58年)11月19日 – 南部地区に山崎貝塚町を設置。
1988年(昭和63年) – 七福地区に大字谷吉を設置。
1989年(平成元年) – 南部地区に大字山崎梅の台を設置。
1995年(平成7年) – 川間地区に大字尾崎台を設置。梅郷地区に花井一丁目を設置。
1999年(平成11年)10月1日 – 関宿町との境界を変更する
2002年(平成14年)3月2日 – 南部地区にみずき一丁目・みずき二丁目・みずき三丁目・みずき四丁目を設置[5]。
ウィキソースに平成15年4月4日総務省告示第288号「市町の廃置分合」の原文があります。
2003年(平成15年)6月6日 – 関宿町を編入合併し、現在の野田市となる。
2006年(平成18年)
9月 – 野田地区に清水公園東一丁目・清水公園東二丁目を設置。
10月 – 野田地区に桜の里一丁目・桜の里二丁目・桜の里三丁目を設置。
1970年代以降、国道16号沿線に工場や物流施設が多数移転し、東武野田線を通勤路線として東京のベッドタウン化が進む。しかし、1990年代以降都心回帰現象の影響を受け、青年男子層が進学・就職を機会に市外に流出、高齢化の進展を見ている。
近年都市再生機構が市南部みずき(旧山崎)地区に開発を進めている野田みずきの街や、つくばエクスプレスの開業により東京都心へのアクセスが早くなった事から、人口は再び増加に転じている。

旧関宿町
江戸時代以前
室町時代より関宿城が築かれ古河公方に仕えていた簗田氏が支配する。戦国時代には、簗田氏はたびたび後北条氏と争った。関宿合戦と呼ばれる。
江戸時代
江戸時代には関宿藩がおかれ、徳川譜代の大名が城主を務めた。以後、関宿城の城下町として栄える一方、現在の江戸川と利根川の分流点に位置したため河岸ができ、また水上交通の要衝として関所が置かれた。また日光東往還の宿場として、陸上交通の要衝でもあった。下総有数の繁華の土地であり向河岸・境町も含め人口数万の繁栄を誇った。
近代以後
廃藩および舟運の衰退により以前の繁栄は失われ往時の繁栄を見出すことは難しい。一方において、橋幸夫の「潮来笠」に登場する実在地名だったので、中高年者には利根川岸の一小邑として広く知られた。大映映画「潮来笠」の舞台にもなった。橋は地名消失の報に接しすこぶる残念に思い、合併後の2005年(平成17年)に当地を訪れている。
バブル崩壊以降東京通勤圏の域外と見なされ、県内地価下落率の上位地点となったうえ人口が毎年減少を続けてきた。特に最大集落、大字木間ヶ瀬は年間100人を超える人口減が起こっている[7]。南部地区は逆に毎年、人口が増えている。

経済
農業
全国有数の枝豆の生産地
県内最大の麦の作付面積を誇る

農協
ちば東葛農業協同組合

工業
醤油業界最大手のキッコーマン株式会社と白醤油部門では業界最大手のキノエネ醤油株式会社があるため、国内3分の1程度のシェアで生産する日本最大の醤油生産地。
工業団地
野田工業団地(主な企業 大黒ヂーゼル工業所、坂自動車など)
南部工業団地(主な企業 雪印メグミルク、日立物流、日立建機レックなど)
北部工業団地(主な企業 サンデリカ、リクシルなど)
中里工業団地(主な企業 LIXIL、敷島製パンなど)
関宿はやま工業団地(主な企業 味の素物流、セキノ興産など)
泉船形工業団地(主な企業 センコー、ロジパートナーズなど)
市内に本社を置く主な企業[ソースを編集]
梅屋 (千葉県)、医薬品・医療機器・医療用検査
キッコーマン
キッコーマン食品
キッコーマン飲料
キッコーマンビジネスサービス
キッコーマンバイオケミファ
野田産業科学研究所
キノエネ醤油
SAKURA(青果食材チェーン「新鮮一」)
サトーインプレス(旧三協印刷社)
SUMCOテクノロジー
ジョイ・フローラ
千秋社(清水公園)
中央コントロールサービス
ナカオサ
日本一(惣菜チェーン「日本一」)
野田ガス
野田食菌工業
ホワイト餃子本部
森永スナック食品(森永製菓の子会社)
UPGホールディングス
市内に事業所がある主な企業[ソースを編集]
赤城車体工業(野田工場)
アマダミヤチ(野田事業所、旧ミヤチテクノス)
アルフレッサ ホールディングス
アルフレッサ ファーマ(千葉工場、千葉配送センター)
キッコーマン食品(野田工場、研究本部、東東京支店)
サカタインクス
SUMCO
敷島製パン
センコー(野田第1PDセンター、イオン北関東RDCセンター、野田第2PDセンター)
天馬
東京電力(新野田変電所)
東武鉄道(南栗橋車両管区七光台支所)
トナミ運輸
三菱電機ロジスティクス
三菱商事ロジスティクス
日立建機レック
日立物流
ペーパーウェア (株式会社)(千葉工場)
ユー・エス・エス(東京会場)
雪印メグミルク(旧雪印乳業野田工場)
リクシル(総合技術研究所、七光台工場)
商業施設[ソースを編集]
ショッピングセンターノア(イオン、他 多数店舗あり)
ショッピングセンターパルノア(トイザらス、ダイソー、スポーツオーソリティ、他全4店舗。法律上はショッピングセンターノアの増設となっている。)
みずきショッピングセンター(いなげや、ホーマック、ココス、他全13店舗)
ウニクス野田(ヤオコー、Right-on、スギ薬局、他多数店舗あり)
イオンタウン野田七光台(マックスバリュ、ロイヤルホームセンター、七光台温泉、TSUTAYA、ウエルシア、他多数店舗あり)
桜の里ショッピングセンター(ベイシア、カインズホーム)
ベルクスステーションモール七光台(スーパーベルクス、スギ薬局、ダイソー等)
ザ・プライス野田店(2003年までイトーヨーカドー野田店が同じ場所で営業していた。その後更地となり、2013年に同じセブン&アイ・ホールディングスのザ・プライスが新規建設された。)
野田船形ショッピングセンター(SPORTS DEPO、CoCo壱番屋、やよい軒)
他に市内には、野田地域(中心市街地)があるほか、旧日光街道沿い、川間駅周辺に商店が集中する。

温浴施設
かつて大利根温泉があったが、近年スーパー銭湯などの温浴施設が増えている。近隣市町村の温浴施設とも激しい競合が行われている。これらの温浴施設は半径5km以内に集中している。
野天風呂湯の郷
グランローザ潮の湯(旧称、東武スパ・リゾート野田 潮の湯)
七光台温泉

宿泊施設
ホテルグランボワ(旧野田東武ホテル)
クリアビューゴルフクラブ&ホテル
ゴルフ場[ソースを編集]
野田市パブリックゴルフ場(ひばりコース・けやきコース)
千葉カントリークラブ(野田コース・川間コース・梅郷コース)
紫カントリークラブ(すみれコース・あやめコース)
クリアビューゴルフクラブ

テニスクラブ
野田 テニスクラブ(閉会)
川間グリーン テニスクラブ
パルシステム テニスクラブ(閉会)
オークランド テニスクラブ
ロイヤルSC テニスクラブ

教育
近代以前の野田の教育
江戸時代、野田(旧野田町地域)は天領や旗本の知行地で野田には支配者としての武士階級の者が住むことはほとんどなかった。したがって江戸時代の教育を支えた藩校といった教育機関もなく、幕末を別にすれば寺子屋といったものもあまりなかったとみられる。著名な学者を生んだとか学者が住んだというような歴史もなくごく平凡な農村地域であった。江戸時代の旧野田町地域は、教育が進んだ地域ではなく、読み書きができたのは村役人や僧侶、医者、浪人など限られていたとみられる。幕末には全国の傾向と同じく野田にも庶民に教える寺子屋が多くできたが、その大半は僧侶や医者が教えるもので、何を教えたのかについては不祥なものが物がおおいが、わかっているものでは基本的な読み書きやそろばん算術など、女子には裁縫などを教えていたものとみられる。それに対して関宿地域は関宿藩の領地で武士も住み、武士の子弟の教育のため藩校も開かれ、それを教えるために学者も招かれていた。関宿では旧野田地域とは違い、武士ばかりではなく優秀であれば百姓町民も学ぶことができたようである。佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、120~125ページ
明治5年明治政府は学校制度の整備を始め、全国を8大学区256中学区53760小学校区にわけそれぞれに小学校を設けることにした。野田では明治6年の愛光小学校(これはすぐに野田小学校と改名し、さらに大口寄付者の名により茂木小学校と改名する)が開校するなど明治5年から8年にかけて小学校が次々と開校していった。しかし初期の教育制度は未整備で学校制度は様々な試行錯誤を重ねていく。

小学校
野田地区
野田市立中央小学校(経済産業省認定近代化産業遺産)
野田市立宮崎小学校
野田市立東部小学校
野田市立南部小学校
野田市立北部小学校
野田市立川間小学校
野田市立福田第一小学校
野田市立福田第二小学校
野田市立清水台小学校
野田市立柳沢小学校
野田市立山崎小学校
野田市立岩木小学校
野田市立尾崎小学校
野田市立七光台小学校
野田市立二ツ塚小学校
野田市立みずき小学校
関宿地区
野田市立木間ヶ瀬小学校
野田市立二川小学校
野田市立関宿小学校
野田市立関宿中央小学校

中学校
野田市立第一中学校
野田市立第二中学校
野田市立東部中学校
野田市立南部中学校
野田市立北部中学校
野田市立川間中学校
野田市立福田中学校
野田市立岩名中学校
野田市立木間ヶ瀬中学校
野田市立二川中学校
野田市立関宿中学校
西武台千葉中学校

高等学校
千葉県立清水高等学校
千葉県立野田中央高等学校
千葉県立関宿高等学校
西武台千葉高等学校
あずさ第一高等学校

大学
東京理科大学 野田キャンパス
千葉商科大学(主に運動用のグラウンドのみ)⇒2014年に太陽光発電施設となった。

特別支援学校
千葉県立野田特別支援学校

専門学校など
専門学校野田鎌田学園
野田准看護高等専修学校
正心実業専門学校
千葉県立野田看護専門学校

交通
鉄道路線
中心となる駅は野田市駅。市役所最寄り駅は愛宕駅
東武鉄道
野田線(アーバンパークライン)(川間駅 – 七光台駅 – 清水公園駅 – 愛宕駅 – 野田市駅 – 梅郷駅)
また、南部地区では隣の流山市にある運河駅を利用する客も多い。
南栗橋車両管区七光台支所(旧七光台検修区、東武鉄道の車両基地)

廃線となった路線
野田人車鉄道

計画された路線
久喜筑波鉄道…埼玉県久喜市から関宿町までの間に計画された地方鉄道路線。

計画中の路線
東京直結鉄道(構想)
2000年(平成12年)1月の運輸政策審議会答申第18号において、地下鉄8号線(有楽町線)の亀有から先の延伸区間が野田市とされ、目標年次(2015年(平成27年))までに整備着手することが適当である路線に位置付けられた。経路は豊洲 – 東陽町 – 住吉 – 押上 – 四ツ木 – 亀有 – 野田市を計画している。しかし、延伸構想は具体化されておらず、他の関係各市の自治体からは市民に対しての公式発表はされていない。
市は早期事業化のために、八潮 – 野田市間を先行的に整備し、八潮でつくばエクスプレスと相互乗り入れすることを目指している。この場合、八潮から草加市を通り、武蔵野線の越谷レイクタウン駅、吉川市、松伏町を経由して野田市駅に至るルート(9駅設定:延長18.2km)を計画している。

路線バス
茨城急行自動車
朝日自動車
東武バスイースト

道路
高速道路
市内に高速道路は通っていないものの、流山市の流山インターチェンジ(常磐自動車道)、及び柏市の柏インターチェンジ(同)を利用すれば5~10分程で野田市に行ける(両インターチェンジの看板にも野田の名前が記載されている。)
有料道路
下総利根大橋有料道路
過去の有料道路
松戸野田有料道路(1977年(昭和52年)10月1日から2007年(平成19年)9月30日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2007年10月1日より無料開放となった。)
一般国道
国道16号(春日部野田バイパス)
国道16号(千葉柏道路 ※計画中のバイパス)
都道府県道
主要地方道
茨城県道・千葉県道3号つくば野田線
千葉県道5号松戸野田線
千葉県道7号我孫子関宿線
茨城県道・千葉県道17号結城野田線
埼玉県道・千葉県道19号越谷野田線
茨城県道・千葉県道・埼玉県道26号境杉戸線
埼玉県道・千葉県道42号松伏春日部関宿線
千葉県道・茨城県道46号野田牛久線
千葉県道・埼玉県道80号野田岩槻線
一般県道
茨城県道・千葉県道142号岩井野田線
茨城県道・千葉県道162号岩井関宿野田線(下総利根大橋有料道路)
千葉県道・埼玉県道183号次木杉戸線
千葉県道194号川間停車場線
埼玉県道・千葉県道326号川藤野田線
千葉県道401号松戸野田関宿自転車道線

画像
画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報