カーフィルム スモークフィルム 車フィルムの施工 価格が激安!カーフィルム通販もやっております。

お知らせ

2014-08-17
カーフィルム埼玉県 熊谷市 関東最安♪

平日施工のお客様がルミクールSD、シルフィードがさらに4,000円引きに!(カーフィルム熊谷市)

※短期間のキャンペーンになりますので、ご了承下さいませ。

埼玉県でカーフィルム・スモークフィルム協力店を募集しております。

カーフィルムの施工が年間1000台以上は関東地域・安さナンバーワン!(カーフィルム熊谷市)

激安カーフィルム・車のスモークフィルム!「ルミクールSD」は東京・神奈川の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。他社と比較してください!

※弊社は色褪せのある外国製の使用ではなく、すべて日本製ですので5年以上は色褪せしません。
50peroff

↓画像をクリックしますと、施工金額が表示されます♪↓ルミクールSD

カーフィルム・車フィルム・スモークフィルムってなんで貼るの?(カーフィルム熊谷市)

まずは優先されるのがプライバシーの保護になり、日本車のプライバシーガラスでも透過率が20~30%になり、平均で25パーセント位が多いでしょう。
下記の画像の左側が透過率20%になり、右側画像が30%になり、通常のプライバシーガラスですと、かなり室内が見えてしまいます。

2016-06-30_0849 2016-06-30_0849_001

                                                         しかし、プライバシーガラスの上からカーフィルム透過率7%のフィルムを施工しますと、透過率1~2%になりますので、ほぼ外観からは見えませんので、盗難防止などにもつながります。
下記画像はプライバシーガラスの上から透過率7%施工後の画像になります。

DSCF0038-600x450

では、室内からの視界性はどうなの?
DSCF0039-600x450

↑どの透過率のカーフィルムを施工しても、もともとのプライバシーガラスより若干濃くなるぐらいですので、外観の色合いだけ決めて頂ければ、室内の視界性は良好です。

UVカット(紫外線カット)カーフィルムってなに?(カーフィルム熊谷市)

UVカット(紫外線カット)カーフィルムは日焼けの防止や室内のインテリアの色褪せを防ぐフィルムになっております。
今の日本車の殆どは運転席・助手席のみUVカットガラスになっており、フロントガラスや後部座席のリア3面、5面のガラスにはUVは入っておりません。
プライバシーガラスが黒いから日焼けしないかと言うと違います。下記のガラスのようにガラス右下部分にUV,UVS,UVUと記載がなければUVカットされてないので日焼けします。皆さんのガラスはどうでしょうか?
外車の90%以上はほぼUVすら入っておりません。
NSコーポレーションのカーフィルムは全てUV99%カットになります。

ガラスごとに下記のUV,UVS,UVUの刻印があるか確認してみてください。
bg__height_800_kb_0_mode_resize_quality_0_ratio__rotate_0_sigmoid__width_

赤外線カット カーフィルムって何?(カーフィルム熊谷市)

2016-06-30_1832

殆どのお客様がUVカットがあれば暑さ対策や冬場の保温性につながると思われておりますが、UVの他に赤外線もカットしなければ暑さ対策にはなりません。

例として、ルミークルSDを全体的に施工した場合は車内温度に変化はありませんが、ウインコスを全体的に施工すると車内温度は5度位変化し、シルフィード カーフィルムを施工しますと車内温度は11度位変化しますので、燃費の向上にもつながります。
特に外車はガラスの透明度が日本車よりも遥かに高いのでシルフィード カーフィルムをお勧めします。

※よくある赤外線カット率ですが、カット率の測定は測定機関があるわけではなく、メーカーごとに独自の測定結果ですので、実際は体感温度が大事になります。
弊社では実際、体感でき、過去のお客様も体感の違いを実感して頂いております。
皆さんかなり違うと言います!

カーフィルムの種類と性能の違い(カーフィルム熊谷市)

ルミクールSD
2013-07-22_2233_001-600x139

ルミークルSDは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。

ウインコス
index_ph01-600x194

ウインコスは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。

シルフィード
2013-07-22_2232-600x142

シルフィードは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が11度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
シルフィードはベンツなどを取り扱うヤナセの指定フィルムですので、外車にお勧めです。

透明断熱フィルムFGR‐500
FGR‐500はシルフィードと同じ効果があります。フロント・運転席・助手席にも施工可能です。
透過率は1%しかダウンしないので、どの車でも施工可能となります。

ニュープロテクション
2013-07-22_2240-600x187

ニュープロテクションは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。
一番、黒いカーフィルムを貼りたい場合は透過率5%があります。

ニュープロテクション インフレットピュア
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
安くフロント・運転席・助手席に施工したい場合はインフレットピュアをお勧めします。
但し、日本車の運転席・助手席は透過率73%位であり、インフレットピュアを施工しますと透過率が5%ダウンしますので、ガラスの透明度の高い外車がメインになります。

3Mカーフィルム
3Mカーフィルム

※3Mカーフィルムは自動車整備指定、認証工場のみが取り扱えるフィルムになり、ディーラーの殆どがIR機能のついた「3M カーフィルム」が性能的にも主流になっており、フィルムの性能も今までとは違い200層を超える薄い膜を重ねた特殊な高級フィルムとなっております。

カーフィルム5年保証(カーフィルム熊谷市)

Pic20-ALL-I_8FD896BE8F9191E5

※お客様の車が車両保険に加入していてガラスが破損した場合、相手方に車をぶつけられてガラスが破損した場合、カーフィルムも保険の対象になります。

NSコーポレーションのカーフィルムは激安ですが、すべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

紫外線を99%カットし、心地よい優しい光と快適な車内環境を生み出します。
断熱性能の違いを体感器で検証。左側がシルフィード、右側が一般スモークフィルムで、スタート時はどちらも26.4℃を示している。
照射後、5分後の温度計は31.2℃と42.1℃を示している。シルフィードを施工した側が10℃以上低いことがわかる。
万が一の事故などで側面ガラスが割れた場合、ガラスが割れて細かく飛び散り大変危険です。
シルフィードを施工したガラス。ガラスは割れますが、フィルムによって飛散が抑えられ、安全性を確保できます。
フロント透明断熱フィルムも施工しております!
カーフィルム「シルフィード」全体的に施工すると車内温度が10度変化します!

カーフィルムスモークフィルム車フィルム車のスモークフィルムガラスコーティングガラスコーティング熊谷 ご来店の多いエリア:

カーフィルム熊谷市の地域概要

熊谷市(くまがやし)は、埼玉県北部にある人口約20万人の市である。

概要
埼玉県北部地区を代表する都市であり、特例市・業務核都市(深谷市と一体指定)・景観行政団体・特定行政庁に指定されている。江戸時代には中山道の宿場・熊谷宿が置かれ、宿場町として栄えた。現在でも市内には国道17号をはじめとする4本の国道(および各線の計6つのバイパス)、9本の主要地方道、上越新幹線をはじめとする3本(JR上越新幹線・JR高崎線・秩父鉄道秩父本線)の鉄道路線が通過しており、交通の要衝としての役割を果たしている。また人口は県内第9位であるが、農業産出額県内第2位、商品販売額県内第3位、製造品出荷額県内第4位であり、埼玉県北部における経済上の一大拠点をなしている。
2005年10月1日に熊谷市と大里郡妻沼町、同郡大里町が合併(新設合併)し、新たに「熊谷市」が設置された。また、2007年2月13日には大里郡江南町を編入し、埼玉県北部では初の20万人都市となったことにより、諸手続きを経て、2009年4月1日に特例市の指定を受けた。
1990年代以降、夏の気温の高さが全国的に知られるようになり、2007年8月16日には岐阜県多治見市とともに日本国内の当時の(2013年8月12日まで)観測史上最高気温となる40.9℃を観測したほか、月別最高気温や猛暑日数などの多くの最高記録が観測されている。首都東京に近く、歴史的に古くから熊谷という地名が知られていることも相まって、“猛暑の本場”として、メディアに取り上げられる頻度も高い。気候については後述。市ではこの知名度を逆手にとってまちづくりに利用すべく「あついぞ!熊谷 熊谷新時代まちづくり事業」を展開している。
「熊谷」の発音に関して、地元では「くまがや」と“まがや”を強く発音(かわごえと同じ発音)するのが適切である。他地方出身者は「熊谷」を「くまがや」と“ま”にアクセントを持ってきて発音するが(くまがいと同じ発音)、地元の人間にとっては違和感がある(ただし、「熊谷市」「熊谷駅」などの場合は正しい発音が多く見られる)。NHKのアナウンサーは正しく発音し、稀に民放のお天気キャスターも正しく発音している人もいる。熊谷駅を発着する各鉄道路線の自動アナウンス(日本語版)は正しい発音で収録されている(ただし、JR在来線ホームは「くまがや」になっている。乗務員は人それぞれ)。

地理
埼玉県の北部、荒川扇状地の東端に位置し、県庁所在地であるさいたま市から北北西約45km、東京都心から北西約60kmの距離にある。市域の約3分の2が北端の利根川と南側の荒川とに挟まれた地域であり、ほか約3分の1が荒川の南側に、残りの一部が利根川の北側にも及ぶ。このうち荒川左岸に接する地域に中心市街地がある。そのほとんどが荒川や利根川によって形成された沖積平野であり、豊かな自然や肥沃な大地、また豊富な地下水を有する。ただし、荒川以南の一部地域は比企丘陵に含まれる。また、市内からは西に秩父山地を、北に赤城山を仰ぐ。市内最高地点は櫛引台地に位置する三ヶ尻観音山の標高83.3m。
なお、当市の平坦なエリア(荒川扇状地)は、北西・南西方向の山地・丘陵に加え、南東方向にも大宮台地(鴻巣市箕田地区・北鴻巣駅付近が北端)があることから、盆地であると誤解されることがあるが、正しくは「妻沼低地」と呼ばれる低地の一部にあたる。
利根川左岸(群馬県側)にある市域として唯一「妻沼小島(旧 妻沼町小島)」地区(一部間々田・出来島地区がかかる)があり、集落が存在する。大河を隔てており、直接対岸へ渡る橋も無い(一旦太田市に入り刀水橋を渡るルートなど)単独孤立地区のため、陸続きで隣接する群馬県太田市との結びつきが強く(ライフラインの多くを太田市に依存)、太田市への編入を望んでいる現地住民も少なくない。しかし、旧妻沼町議会で陳情書が否決され、熊谷市としても認めない方針である(太田市は正式に申請があれば認める方針を示しているが、受け入れる側の立場としては働きかけ等できないために静観している)。 逆に利根川右岸(埼玉・熊谷側)では、利根川総合運動公園(妻沼ゴルフ場)の一部敷地が大泉町大字仙石・大字古海、グライダー飛行場の一部敷地が千代田町大字舞木となっているが、いずれも居住者はいないため、特に問題にはなっていない。
また、市内久下付近を流れる元荒川には環境庁(現環境省)のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されたムサシトミヨの世界唯一[12]とみられている生息地があり、市内の小中学校の児童や生徒などによって保護・繁殖活動が行われている。なお、ムサシトミヨは埼玉県の天然記念物ならびに県の魚として指定されており、生息地は平成の名水百選に認定されている。
また、熊谷市の水道水は他の同規模の都市と比較して味が良いことで知られる。厚生省(現:厚生労働省)の「おいしい水研究会」が行った調査によると、熊谷市は国内において水道水がおいしい都市32のうちのひとつに数えられている[13]。これは、市内に供給されている水道水の約7割[14]が市内の井戸より汲み上げられた水であるために塩素化合物による消毒が軽度で済むこと、地下水がミネラル分を多く含み、比較的硬水に近いことなどが理由として挙げられる。なお、市の水道庁舎(東部浄水場)では、地下水の原水「蓮生の泉」を試飲することができる。

地名の由来
熊谷という地名のおこりには諸説ある。いずれの説も、平安時代後期には既に地名となっていたと推測される。
熊谷直貞(当時の平直貞。熊谷直実の父)が、この地域に存在した熊を退治したことによるもの。
ただし、直貞が熊谷氏の姓を名乗るようになったのは熊谷が地名となった後のことである。
神谷(くまけや)より。高城明神の鎮座によるもの。
曲谷(くまがい)より。この地域において荒川が大きく蛇行し、曲がりくねっていたことによるもの。

経済
市内純生産額 : 6034億9700万円(2004年度、当時の1市3町の合計)
県内第5位。さいたま市、川口市、所沢市、川越市に次ぐ。
産業別就業者数
第1次産業 : 4,435人
第2次産業 ; 27,927人
第3次産業 : 67,359人

商業
年間商品販売額 : 8144億4500万円
県内第3位。さいたま市、川越市に次ぐ。
事業所数は2,545で、このうち卸売業は672事業所、小売業は1,861事業所となっている。年間商品販売額8,144億4,500万円のうち、卸売業が5953億円、小売業が2,191億円。以下に特筆すべき小売店舗について記述する。
大型店舗
市内には、百貨店や駅ビル、駅直結型ショッピングモール、ロードサイド型ショッピングモールが存在する。百貨店としては、国道17号と国道407号の交差点に8階建て地下1階の八木橋百貨店がある。1961年に開店して以来、「八木橋デパート」、「八木橋」などと呼ばれ市民から親しまれている。また、熊谷駅北口においては、駅ビルアズ熊谷、ティアラ21、ニットーモールの3館がペデストリアンデッキで結ばれており、集合的に熊谷駅直結の一大ショッピングセンターとして機能している。このうちニットーモールは、2002年までの間ダイエーがその売場面積の半分を占める形で核店舗として出店していた。一方でロードサイド型店舗においては、八木橋百貨店近くにイオン熊谷店でそのほとんどが構成される熊谷片倉フィラチャーが、国道17号熊谷バイパスと国道407号妻沼バイパスの交わる代交差点には西友やトイザらスを核店舗とするビッグベア(1997年開店)が、同じく妻沼バイパス沿いの旧熊谷市と妻沼町との境界付近にカスミやコメリを核店舗とするイール妻沼がある。
家電量販店
熊谷市は家電量販店間での価格競争が特に顕著な地域のひとつである。1990年代までは、国道140号沿いにあったヤマダ電機熊谷店(当時)と国道407号沿いにあったコジマ熊谷店の2店舗間において付かず離れずの穏やかな競争が続いていたが、1990年代前半にヤマダ電機がそれまでの熊谷店を移転し国道17号熊谷バイパス沿いに郊外型のテックランド熊谷店として開店させてからは、コジマの店舗が小規模な上に老朽化していたこともあって、集客率においてヤマダ電機に差をつけられていた。
しかし2005年1月、コジマが熊谷店に隣接していた土地を取得し、店舗の面積をそれまでの倍以上にし、さらには国道17号からの進入も可能にしてアクセスを向上させ、深谷市にあった深谷店と合併する形でNEW熊谷店を開店させた。ヤマダ電機もこれに対抗するように、同年4月にコジマからおよそ500メートル離れた同じく国道407号沿い(スーパーマーケットマルエツ熊谷原島店跡)にテックランド熊谷本店を開店させ、市内2店舗の体制とした。
翌2006年にはピーシーデポコーポレーションがそれまでEXPO熊谷店として営業していた店舗をPC DEPOT熊谷店に改装して他店に対抗した。
さらには2007年4月6日にでんきちが新堀地区(籠原駅方面)に熊谷本店を開店させた。2013年5月25日にはノジマがニットーモール内に熊谷ニットーモール店を開店させた。
2014年5月3日には、コジマNEW熊谷店がリニューアルし、コジマ×ビックカメラ熊谷店となっている。
2016年6月30日、ビッグベア内にケーズデンキが出店する。
なお、ラオックス熊谷店が熊谷駅から徒歩圏内にあったが、2008年6月1日をもって撤退している。1997年にもギガスカンサイ(現 ギガス)がビッグベア内に熊谷店を出店したが、数年で撤退している。
映画館
市内には、シネティアラ21とイオンシネマ熊谷の2つのシネマコンプレックスがある。
1990年代、市内には現在とは別の2つの映画館があった。東映配給の映画を上映する富士見劇場(市役所通り)と、それ以外の映画を上映するシネプラザ21(星川通り)である。当時は近隣市町村にこれら以外の映画館は存在しなかったために、市外においても集客力を有していた。しかし富士見劇場は老朽化のため閉館(現在跡地は時間貸し駐車場 Fujimiパーク)し、東映系を引き継いだシネプラザ21はその時点での熊谷市唯一の映画館となった。2000年11月16日に、マイカル(現イオンリテール)が国道17号沿いに熊谷サティ(現イオン熊谷店)を出店すると同時に、シネプラザ21の倍の規模を備えたシネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ熊谷(現イオンシネマ熊谷)」(ワーナー・マイカル、現イオンエンターテイメント運営)を併設した。大型車も利用できる大型駐車場を備え、買い物もできるとあって盛況となったが、一方でシネプラザ21はそれまでの客が奪われていた。また翌年のマイカル経営破綻の際にも、開業して間もないこともあって熊谷サティの客足は衰えず会社更生のための整理対象店舗のリストに載ることは無かった。そして2003年9月30日、シネプラザ21営業元の鷹の羽興業は、1年後シネティアラ21をティアラ21(当時はいずれも名称未定)に開館させることを発表し、シネプラザ21を閉館した。翌年11月20日、ティアラ21が開業し、シネティアラ21も同時開館した。熊谷駅と直結していることや、ティアラ21内の他の商業テナント店舗と連動した割引制度などの導入を売りにしている。それから現在に至るまで大手チェーンと地元系合わせて2館あるシネマコンプレックスは営業を続けている。
スーパーマーケット、ホームセンター
市内には20店舗余りのスーパーマーケットが存在する。特に前述のイオン(旧マイカル運営サティ。総合スーパーマーケット)・ベルク・カスミ・いなげやといったイオン傘下企業の店舗が乱立している(ただし、2015年3月開店のベルク熊谷銀座店以外は全てイオン傘下入り前からの営業店舗である)。市内において最も多い店舗数を有するのは鶴ヶ島市に本部を置くベルクであり、その数は旧熊谷市域に8店舗にのぼり、これは同チェーンの市町村別出店舗数でも一番多く、「温かく育てていただいた」として同社創業の地の秩父市と共に各500万円相当の品が市に寄贈された(防犯パトロール車3台)[33]。それに次ぐ3店舗を展開するのは川越市に本部を置くヤオコーであり、ショッピングモールニットーモールの中にも出店している。また、さいたま市のマミーマートは熊谷および籠原地区に、カスミは妻沼地区にそれぞれ2店舗を有している。この他、さいたまコープ(Kマート跡の建物流用)、籠原地区に西友(かつてはビッグベア内にも)、妻沼地区にヨークマート、江南地区にいなげやがそれぞれ1店舗ずつ存在する。なお、かつて市内に存在したスーパーマーケットとしては、ニチイやキンカ堂、ダイエー、マルエツ、とりせんなどがある。
また、ホームセンターに関しては、ケーヨーデイツーが2店舗、その他セキチューとコメリがそれぞれ1店舗ずつ存在する。

ホテル
熊谷駅・籠原駅周辺にビジネスホテルを中心に多少のホテル・旅館が点在する。
スマイルホテル熊谷、ホテルシティーフィールドかごはら、サンルートホテルガーデンパレス、ホテルサンルート熊谷駅前、マロウドイン熊谷、熊谷ロイヤルホテルすずき、キングアンバサダーホテル熊谷などがある。
江南地区にはリゾートホテル「四季(とき)の湯温泉ホテルヘリテイジ」が所在する。

金融機関・証券会社
市が指定金融機関に指定する埼玉りそな銀行、本店が所在する埼玉縣信用金庫・熊谷商工信用組合、メガバンクであるみずほ銀行・三井住友銀行、ゆうちょ銀行、JAバンク(JAくまがや)、地方銀行である武蔵野銀行、他県の地方銀行である群馬銀行・足利銀行・北越銀行・八十二銀行・東和銀行、その他中央労働金庫・商工組合中央金庫・あすか信用組合・ハナ信用組合といった多数の金融機関の支店が市内各地に所在する。
証券会社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券・野村證券・水戸証券・SBI証券(コールセンターも所在)・むさし証券・高木証券の店舗が全て熊谷駅の徒歩圏内に所在する。

工業
製造品出荷額 : 7361億6322万円(2004年度)
県内第4位。狭山市、川越市、さいたま市に次ぐ。
製造業に属する事業所数は754ある。主な工業団地としては、熊谷工業団地、上之工業団地、御稜威ヶ原工業団地、妻沼東部工業団地、妻沼西部工業団地、船木台工業団地などがある。
主な企業
能美防災メヌマ工場
太平洋セメント熊谷工場
リケン熊谷事業所
MSD(元万有製薬)妻沼工場
ニコン熊谷製作所
富士通熊谷工場
日立金属熊谷工場、熊谷製作所
ヴァレオ サーマルシステムズ江南工場
日本山村硝子埼玉工場
JFEエンジニアリング熊谷
日清シスコ東京工場・開発研究所
ゼリア新薬工業埼玉工場
日東富士製粉関東営業所・埼玉工場・食品開発センター
日立ハイテクインスツルメンツ本社、熊谷工場
アルビオン熊谷工場
タイトー熊谷研究所
ハイアールアジアR&D本社

農業
農業産出額 : 120億4000万円
県内第2位。深谷市に次ぐ。
荒川や利根川などの大規模な河川によって形成された肥沃な沖積平野が市域の大部分を占めるため、市街地や住宅地、一部の丘陵地帯を除いた6,128ヘクタール (38.3%) の土地が耕地として利用されている。現在では、地産地消を促進するため、熊谷のブランド農作物を育てる動きがあり、小さな野菜「ミニくま」をはじめ、地元産の小麦による「熊谷うどん」、「妻沼ねぎ」などの生産が意欲的に進められている。なお、農業生産額のうち妻沼ねぎをはじめとする野菜が44%を占め、次いで米が23%、麦類が10%、生乳などその他が23%を占める。

本社を置く主な企業
アールディーシー(がってん寿司など)
熊谷商工信用組合
埼玉縣信用金庫
秩父鉄道(太平洋セメントグループ)
秩父鉄道観光バス
梅林堂
馬車道
八木橋百貨店
リード(街路灯・自動車部品などの製造)
国際十王交通(東武鉄道グループ)
熊谷通運
埼北スイミングスクール
クレーマージャパン(スポーツメーカー)

教育
大学
立正大学(熊谷キャンパス)
専修学校
埼玉県立高等看護学院
埼玉県農業大学校
学校法人郷学舎 アルスコンピュータ専門学校
社団法人熊谷市医師会 看護専門学校
学校法人 埼玉県栄養専門学校
学校法人 埼玉県調理師専門学校
千草服装専門学校
学校法人熊谷文化服装専門学校(高等課程)
高等学校
埼玉県立熊谷高等学校(全日制・定時制)
埼玉県立熊谷西高等学校
埼玉県立熊谷女子高等学校
埼玉県立妻沼高等学校
埼玉県立熊谷工業高等学校
埼玉県立熊谷商業高等学校
埼玉県立熊谷農業高等学校
(廃校)
熊谷市立女子高等学校
中学校
熊谷市立荒川中学校
熊谷市立大麻生中学校
熊谷市立大里中学校
熊谷市立大幡中学校
熊谷市立大原中学校
熊谷市立熊谷東中学校
熊谷市立江南中学校
熊谷市立小島中学校(休校中)
熊谷市立玉井中学校
熊谷市立中条中学校
熊谷市立奈良中学校
熊谷市立富士見中学校
熊谷市立別府中学校
熊谷市立三尻中学校
熊谷市立妻沼西中学校
熊谷市立妻沼東中学校
熊谷市立吉岡中学校

小学校
熊谷市立石原小学校
熊谷市立大麻生小学校
熊谷市立太田小学校
熊谷市立大幡小学校
熊谷市立男沼小学校
熊谷市立市田小学校
熊谷市立籠原小学校
熊谷市立久下小学校
熊谷市立熊谷西小学校
熊谷市立熊谷東小学校
熊谷市立熊谷南小学校
熊谷市立江南北小学校
熊谷市立江南南小学校
熊谷市立桜木小学校
熊谷市立佐谷田小学校
熊谷市立玉井小学校
熊谷市立中条小学校
熊谷市立奈良小学校
熊谷市立長井小学校
熊谷市立成田小学校
熊谷市立新堀小学校
熊谷市立秦小学校
熊谷市立別府小学校
熊谷市立星宮小学校
熊谷市立三尻小学校
熊谷市立妻沼小学校
熊谷市立妻沼南小学校
熊谷市立吉岡小学校
熊谷市立吉見小学校

(休校中)
熊谷市立小島小学校
特別支援学校
埼玉県立熊谷特別支援学校
埼玉県熊谷盲学校
学校教育以外の施設

埼玉県立熊谷高等技術専門校
埼玉県立熊谷高等技術専門校(職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校)
埼玉県公安委員会指定自動車教習所
埼玉自動車学校
かごはら自動車学校

画像
画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報