カーフィルム ゴーストフィルム 車スモーク スパッタゴールド通販

お知らせ

2016-03-19
マツダ アテンザセダン 平成27年1月モデル 赤外線カット シルフィード カーフィルム 施工
LinkedIn にシェア
Pocket
LINEで送る
reddit にシェア

マツダ アテンザセダン 平成27年1月モデル 赤外線カット シルフィード カーフィルム 施工

「ルミクールSD」は東京都・神奈川県の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。
DSCF8971
カーフィルム 高機能断熱フィルム シルフィード SC-7008透過率7%リア1面に施工し、サイドドア4面にはSC-7015透過率13%を施工します。

※日本最高級カーフィルム「シルフィード」はベンツなどを取り扱う全国ヤナセの指定フィルムです。
シルフィードはインテリアの色褪せを防いだり、日焼けなどを防夏は窓から熱を遮断し、冬は暖かさをキープ赤外線カットフィルムになります。
また、シルフィードを施工すると車内温度が10度以上変化し、エアコンの効きを最小限に抑えれるので、燃費の向上にもつながります。
赤外線(IR)カットとは…ガラスを透過する赤外線、および近赤外線を低減し、熱暑感を低減すること。

施工前、車内から見た外の風景
DSCF8973
施工後、車内から見た外の風景
DSCF8975
施工前、外観
DSCF8972
施工後、外観
DSCF8974
main02
高機能断熱フィルムの「シルフィード」は、太陽エネルギーの中の赤外線を大幅にカットすることで車内の温度上昇を抑え、より快適な車内環境を実現することができる。光の大半を遮断するような濃いスモークタイプでなくても、スモークの色の濃淡に関係なく赤外線を70%以上カットして温度上昇を抑えるため、好みの濃さのフィルムで優れた断熱効果を実感でき、至上の車内空間を創り出すことができる。

紫外線を99%カットし、心地よい優しい光と快適な車内環境を生み出します。
断熱性能の違いを体感器で検証。左側がシルフィード、右側が一般スモークフィルムで、スタート時はどちらも26.4℃を示している。
照射後、5分後の温度計は31.2℃と42.1℃を示している。シルフィードを施工した側が10℃以上低いことがわかる。
万が一の事故などで側面ガラスが割れた場合、ガラスが割れて細かく飛び散り大変危険です。
BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー,BMW,4シリーズ,カー
シルフィードを施工したガラス。ガラスは割れますが、フィルムによって飛散が抑えられ、安全性を確保できます。
フロント透明断熱フィルムも施工しております!
カーフィルム「シルフィード」全体的に施工すると車内温度が10度変化します!

マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用した、フラッグシップモデル「アテンザ」。4ドアセダン、ステーションワゴンの2種類を用意。セダンのラインアップは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載の「20S」、SKYACTIV-G 2.5」搭載の「25S Lパッケージ」、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載の「XD(クロスディー)」、「XD(クロスディー)Lパッケージ」を設定。6速AT「SKYACTIV-DRIVE」と6速MTを組み合わせる。今回、「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」を標準装備した新グレード「プロアクティブ(PROACTIVE)」を追加設定すると共に大幅改良を行った。魂動デザインを磨き上げ、より精悍に深化したエクステリアデザインは、水平基調を強めたフィンデザインと、より立体的な造形のシグネチャーウィングにより、精悍さとエレガントさを増した。フロントにLEDシグネチャーウィングを採用することで、夜間でのブランド表現を強化(Lパッケージに標準装備)。洗練を極め、研ぎ澄ませた質感と先進の機能を持ったインテリアデザインでは、インストルメントパネルやセンターコンソールの造形を大胆に変更し、インテリアを一新。パーツのつながりや統一感を徹底的に研ぎ澄まし、フラッグシップモデルに相応しい質感を大幅に向上。黒の本革内装と黒のファブリック内装を継承したうえで、白の本革内装はピュアホワイトに変更。さらに本革内装には新たなカラーコーディネーションを採用。また、マツダ初採用の後席シートヒーターにより、快適性を向上(Lパッケージに標準装備)。先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」は、日本の自動車メーカーとして初のLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを備えた新世代ヘッドライトシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」やマツダ初採用の「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」により、車線を認識してステアリング操舵トルクのアシストやステアリング振動警報によって運転操作をサポート。ボディカラーは、新開発の「ソニックシルバーメタリック」、「チタニウムフラッシュマイカ」を追加し、全8色を用意。

カーフィルムスモークフィルム車フィルム ご来店の多いエリア:
 東京都 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、調布市、町田市、狛江市、千葉県、埼玉県 神奈川県 川崎市、横浜市、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、相模原市、寒川町、座間市、逗子市、茅ヶ崎市、秦野市、葉山町、平塚市、三浦市、南足柄市、大和市、横須賀市、藤沢市、四日市
画像

カーフィルムメニュー

プライバシーガラスからカーフィルムを施工すると、どれぐらいの透過率になるの?
フロントガラスにカーフィルムを施工する為に必要なフィルムの透過率

最新情報