カーフィルム | カーフィルム,車フィルム施工 通販が日本最安

お知らせ

2017-01-14
ホンダ フリード ルミクールSD UV99%カット カーフィルム 施工

ホンダ フリードに車内での日焼けを99%防ぐカーフィルム「ルミクールSD」を施工

「ルミクールSD」は東京都・神奈川県の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。
DSCF2943
カーフィルム ルミクールSD NS-008HC 透過率7%をリア5面に施工します。

施工前、車内から見た外の風景
DSCF2944
施工後、車内から見た外の風景
DSCF2947
施工前、外観
DSCF2945
施工後、外観
DSCF2946

ルミクールSD lumicoolSDはファッション性を追及したロングセラー カーフィルム

ルミクールSD,lumicoolSD,ルミクール,アイケーシー,IKC

カーフィルム ルミクールSD lumicoolSDが選ばれるには理由があります…

ルミクールSDは、スモークフィルムの単なる目隠し効果だけではありません。 経年退色が極めて少ない着色加工技術はもちろん、安定した冷暖房効率をアップする熱線遮断効果や断熱効果、内装を守り日焼けを防ぐため、全てのフィルムで99%の紫外線カットを実現しています。 ガラスの飛散防止効果で高い安全性を保ち、 ハードコートタイプでキズにも強いカーフィルムです。信頼の品質と性能こそが、 カーケアのプロフェッショナルに愛され、選ばれる理由だと考えます。

ルミクールSD lumicoolSDは色あせや変色のしにくいカーフィルム

IKCのフィルムは、その用途や使用環境によって製造方法によって製造方法が異なります。 カーフィルムにおいては、常にクリアな 視界を確保しながら経年変化による退色(色あせ)や変色を防ぎ、機能を保つために、 ほとんどの製品にあえてコストのかかる原着 タイプを採用しています。原着タイプとは、原料となるPET樹脂にあらかじめ着色を してからフィルム状に成膜する高度な製法です。

IKCが採用する原着タイプカーフィルム
染料によって均一に着色されたPET樹脂を使用し、高い透明度と耐久性を両立しています。
経年変化による変色が極めて少なく、施工時の濃度を長期間維持することが可能な高品質 カーフィルムです。

染色タイプカーフィルム
透明PETフィルムを染料によって着色する製造方法です。 色剤はPETフィルム表面から内部に拡散して存在し、PETフィルムの表層部から中心部に かけて色の差が生じます。

顔料タイプカーフィルム
透明PETフィルムに顔料(インク等)をコーティングする製造方法です。 透明感は原着タイプより劣ります。
IKCが採用する原着タイプカーフィルム 染料によって均一に着色されたPET樹脂を使用し、高い透明度と耐久性を両立しています。 経年変化による変色が極めて少なく、施工時の濃度を長期間維持することが可能な高品質 カーフィルムです。

カーフィルム ルミクールSD lumicoolSDは飛散防止効果!

高い耐久性と柔軟性を保ち、万が一の事故の際、割れたガラスの飛散防止にも役立ちます。

高級カーフィルム「シルフィード」と人気の「ルミクールSD」が他社よりも圧倒的に安い!

今回はNSコーポレーションが取り扱う「シルフィード」と「ルミクールSD」がどれだけ施工金額が安いか?
東京都と神奈川県のIKC「シルフィード」、「ルミクールSD」提携施工店の平均施工金額を算出しました。

IKC取扱店
http://www.ikc-carfilm.com/contents_folda/shop_top.html

IKC取扱店「ルミクールSD」平均金額
軽自動車普通乗用車SUV・1BOX
33,340円41,795円43,160円
NSコーポレーション「ルミクールSD」平均金額
軽自動車普通乗用車SUV・1BOX
11,000円17,000円18,000円
IKC取扱店「シルフィード」平均金額
軽自動車普通乗用車SUV・1BOX
38,770円47,339円49,160円
NSコーポレーション「シルフィード」平均金額
軽自動車普通乗用車SUV・1BOX
25,300円29,700円34,100円
NSコーポレーションの「ルミクールSD」は平均価格よりも24,098円もお得です。
NSコーポレーションの「シルフィード」は平均価格よりも15,390円もお得です。

ホンダ フリードの概要

ハイトコンパクトな5ナンバーワゴン、ホンダフリード(FREED)。1.5L i-VTECエンジンを搭載し、トルクコンバーター付CVT(無段変速オートマチック)、もしくは5速ATを組み合わせる。ラインアップは、「G」、「G ジャストセレクション」「G エアロ」の3タイプ。搭載するエンジンは、従来モデルと同様の1.5L 直列4気筒SOHCで、最高出力87kW(118PS)/6600rpm、最大トルク144Nm(14.7kgm)/4800rpmを発生。10・15モード燃費は2WD車が17.0km/L、4WD車が14.0km/L。今回のマイナーチェンジで、1.5L 直列4気筒SOHCとIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)システムを組み合わせた「ハイブリッド」、「ハイブリッド ジャストセレクション」を新たにラインアップ。従来のフリードは全グレードで3列目シートを3席から2席に変更し、乗車定員は7/8名乗車から6/7名乗車となった。これにより乗員1人ひとりの占有スペースを拡大している。6名乗車の2列目シートはキャプテンシートとし、車内での移動をスムーズに行えるようにするとともに、全席に両側アームレストを装備して快適な居住空間を作り上げた。一方、7名乗車では2列目をベンチシートタイプとし、200mmのスライド機構や大型アームレストを装備。この2列目シートはリクライニングバーを引くことでシートバックが前方に倒れ、これに続きバネの力を利用して自動的にシート全体が跳ね上がる機構を備えている。エクステリアではクローム調ヘッドライトガーニッシュをG/G ジャストセレクションに装備したほか、メッキとクリアレンズを組み合わせたリアコンビネーションランプ(LEDストップランプ&テールランプ)を全車に標準装備。安定した走りで運転にゆとりをもたらすVSA(車両挙動安定化制御システム)や、ヒルスタートアシスト機能を標準装備し、全席に、3点式ELRシートベルトを標準装備としている。また、G エアロにはクロームメッキの専用フロントグリルやダーククローム調のヘッドライトガーニッシュ、エアロフォルムフロントバンパーを与え、よりダイナミックに仕上げている。

カーフィルムスモークフィルム車フィルムルミクールSD ・カーフィルム武蔵野市

東京都 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、調布市、町田市、狛江市、千葉県、埼玉県 神奈川県 川崎市、横浜市、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、相模原市、寒川町、座間市、逗子市、茅ヶ崎市、秦野市、葉山町、平塚市、三浦市、南足柄市、大和市、横須賀市、藤沢市、四日市

画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報