ガラスコーティング・カーコーティング・ボディーコーティング専門店

ガラスコーティング,カーコーティング,ボディーコーティング

ガラスコーティング・カーコーティング・ボディーコーティング お知らせ

艶と硬度を備えた新しいオリジナル コーティング「ドゥレッザ ガラスコーティング」

今一番新しいガラスコーティング「ドゥレッザ」は2017年のヨーロッパコンペで優勝したガラスコーティング剤です。 欧州・中東ドバイで採用されておりますが日本国内では弊社以外では未発売の商品になります。ガラスコーティング・カーコーティング「ドゥレッザ ガラスコーティング」はエンドユーザー様の施工はもちろん取扱店も募集しております。

ディーラーやガソリンスタンドのコーティングとドゥレッザの違いはこちらをクリック

カーコーティング,ボディーコーテイング,ガラスコーティング

柔軟性のある最高硬度7h 硬く・しなやかなdurezza massimaコーティング

カーコーティング,ボディーコーテイング,ガラスコーティング

「ドゥレッザ ガラスコーティング」は硬い表面の定着性を求めた2層コーティング

上記画像は塗装のようにクリアのある鉄板ではなく、ザラザラした鉄板にガラスコーティング剤を馴染ませるのではなく、実験の為定着しづらいようにスポイトで数滴垂らすと、弊社のガラスコーティングは定着の良い低分子にも関わらずガラスコーティング剤が鉄板から浮いた状態になっております。 ガラスコーティング剤が鉄板から浮いた状態になるのは硬さがあるイコール粘質が強い為に浸透しないことが考えられます。 そこで弊社は浸透性のある硬度7Hドゥレッザをアンカーとして1層目に塗り込み、2層目に硬さを重視した8Hドゥレッザを塗装の保護にすることで定着性と硬さの両方を備えることができました。※従来の最も高級なガラスコーティングはフッ素の定着性を良くする為にポリシラザンをアンカーにしたり、シランを定着させる為にポリシラザンをアンカーにする手法でしたが、これらの行為は車の塗装がムラになりやすい性質を持っています。

ドゥレッザはディーラーコーティングの硬さが2倍以上!膜厚は10倍以上!

通常のカーコーティングのみの施工ですと有機物汚れや酸性雨による腐食予防には強いですが、ウォータースポットには弱いという弱点がありましたがドゥレッザ は柔軟性のある硬く・しなやかなコーティングの他にシリコーンレジンコーティングという無機物汚れやシリケート固着予防がされているので雪国でも強いボディーコーティング剤です。

カーコーティング,ボディーコーテイング,ガラスコーティング

「ドゥレッザ  ガラスコーティング」の撥水力!撥水角110℃以上は世界ナンバーワン!

ガラスコーティング剤を選ぶ基準!ここが大事!

日本車の塗装の硬さはH~2H位であり、外国車は塗装の硬さが4H位あります。 ガラスコーティングの目的は塗装の保護ですので、外国車を基準にすると5H以上なければ塗装の保護にはならないでしょう。 しかし、ディーラーの9割以上のガラスコーティングがポリシラザンという成分で鉛筆硬度が3Hのものであり、日本車であれば1H硬いので硬いので塗装の保護にはなりますが、外国車を基準にすると塗装の保護にはなりません。 但し、硬ければ硬いほど良いと言うわけではありません。 例として、携帯電話のアイフォンの表面ガラスは9Hあり、1メートル位の高さから落とすとバキバキに割れ、よく割れた状態のアイフォンをそのまま使用している学生さんなんかをよく見かけます。 そして、メガネですが、これは「柔軟性のある7H」ですので、アイフォンのように1メートル位の高さから落下させてもキズは入るかもしれませんがバキバキに割れることはありまん。 なので、ガラスコーティングを選ぶ基準は「5H~7H」までが最適でしょう。 ※ドゥレッザ ガラスコーティングは鉛筆硬度7Hになります。

硬さの違いもありますが、カーコーティングの厚さが全く違います。 下記画像の左側は通常のディーラーガラスコーティングの成分であり、右側の画像はドゥレッザ ガラスコーティングになります。 通常のカーコーティングは硬化させても「でんぷん」の粉のようにしかなりませんが、ドゥレッザ ガラスコーティングは本物のガラスなので下記右側のようにガラスになります。 カーコーティングは塗装の保護なので、下記のようなガラスにならないと塗装の保護にはなりません。

DUREZZA(ドゥレッザ)と他社のガラスコーティング剤の違い

上記の画像を見て頂くと明らかにDUREZZA(ドゥレッザ)とディーラー系のガラスコーティング剤は成分の違いはわかって頂けると思いますが、DUREZZA(ドゥレッザ)はガラスのかたまりになり、ディーラー系のガラスコーティング剤は白い粉にしかならないのでガラスコーティング剤の厚さが違います。

DUREZZA(ドゥレッザ)同様にガラスコーティングの厚さに関しては、通販売れ筋販売上位商品と変わりはありませんが、24時間後経過後、DUREZZA(ドゥレッザ)は透明のガラスになってますが、通販売れ筋販売上位商品は粘質のあるガラスが半乾きの状態です。

ガラスコーティングの完全無機質と硬度9H以上の嘘・誇大広告

楽天やAmazonのガラスコーティングの商品を弊社、提携の研究員が遊びに来た時など拝見することがありますが、嘘や誇大広告が酷いよねって話をよくします。 研究所の検査方法で弊社のガラスコーティング剤と他社の4点の商品を比較検討しようかと思います。

よくある完全無機質なんてない!

ガラスコーティング通販、どこかのガラスコーティング専門店で「完全無機質」などの言葉聞いたことはありませんか? 「無機質」まではOKですが、「完全無機質」ってガラス成分100%ですよね。 仮にガラス成分が100%ですとタダのガラスなので塗装やその他の物質に定着しません。 定着させるにはシリコンやチタンの物質が必要です。 これだけで100%じゃありません。 完全無機質は定着しないガラスコーティングですよと言ってるのと同じです。下記の画像はステンレスの上に各々のガラスコーティング剤を塗り込みました。上記画像ガラスコーティング剤の違いはどドゥレッザはほぼ透明なのに対し、他の商品は虹色や白化しております。虹色や白化するのはガラスコーティングの成分の中に含有量が多いので、上記のような状態になります。ドゥレッザのガラス成分は92~93%位になり、1番右側のガラス成分3割は弊社で用意したガラスコーティング剤で含有量が多いので若干、虹色ですが、楽天上位商品はさらに虹色になっています。楽天上位商品の6Hというのがあり、特に虹色にもなっていなく水玉模様になっているのはガラス成分と触媒が上手くかみ合っていないのと、この成分がそもそもガラス系とは違う、塗料系だからではないかと思います。楽天上位商品の9Hの虹色の原因はガラスコーティング剤の定着からあまり使用されていないスズが原因かと思います。凡そでありますが、研究員になるとガラスコーティング剤の匂いを嗅いだだけでわかる場合もあります。結果、成分が透明のドゥレッザですらガラス成分は92~93%位なので、画像の色だけで判断してもそれ以下のガラス成分ですので、「完全無機質」はあり得ないということです。

ガラスコーティング剤の硬さ・硬度

よくあるJISの硬度試験というのは鉛筆を下記のような車に設置して傷をつける試験になります。 たまにモース硬度とかありますが、試験内容にモースはありません。 あくまで鉛筆硬度です。JISの試験は6Hまでしかないので、弊社で5H~9Hの鉛筆を用意しました。下記の画像は各々の鉛筆で傷をいれた後の画像になります。上記、画像で横に傷が入っているのがわかりますか?下記、画像は傷の確認をわかりやすくする為に横向きにしました。他社の製品は鉛筆硬度5Hで全てのガラスコーティング剤に傷が入ったので試験結果は4H以下になります。 通販サイトでは9H,6Hと記載してるので、ここまで弱いと思わなかったので3H以下の鉛筆も用意すれば良かったのですが。ドゥレッザは9Hで傷が入っているので試験結果は8Hになります。 弊社では7Hだと思っていますが。試験結果はいかがだったでしょうか。 たまに鉛筆は6Hまでしかないから、他社に7Hってなんなんだ!って言われますが、鉛筆は10Hまであります。 逆に硬度13Hや15Hなどの誇大広告のエスカレートがありますが、鉛筆は10Hまでしかないので、どういうふうに試験したのか疑問です。弊社や研究員の考えとしてはガラス(鉛筆硬度8H)より硬いガラスコーティング剤は存在しないので、ガラスコーティング剤は鉛筆硬度7Hが限界であり、飛び石に勝てるガラスコーティングはありません。 また、今の技術では7Hが限界ですが、それでも傷が入らないことは絶対にありません。 これを糧にガラスコーティング剤を判断して頂ければと思います。

新しいガラスコーティング剤: 低分子シラン ドゥレッザ ガラスコーティングとは

従来のガラスコーティングとは違う硬く、しなやかな最強無機質ガラスコーティング ガラスだから硬いのは当たり前、衝撃や湾曲などのストレスによるひび割れが発生しにくい柔軟性を持たせました。 柔軟性が(硬いだけより)耐傷性を高めます。また、酸化劣化しないことと合わせ、将来の剥がれ、ひび割れ等の弊害に対する心配ををゼロにします。 ドゥレッザ  ガラスコーティングは単一成分98%の高密度ガラスコーティングです。限りなく無機質に近いコーティング剤ですが2%のアルコキシドを混合する事により3~4ミクロンの甲膜厚を実現しました。また硬度7hの高度を持ちながら高膜厚のコーティング剤でもあり非常にバランスのとれた撥水角100℃を超えた撥水性ガラスコーティング剤です。

Hard-supple 硬く・しなやか

ガラスコーティング

衝撃や湾曲などのストレスによるひび割れが発生しにくいガラスコーティングでは最高硬度の7h! セラミックガラスコーティングのように9hなど硬さが増すほどクラックが発生しやすくなります。 このため弊社のガラスコーティング剤では、多少の柔軟性を持たせて、あえて鉛筆硬度9Hとはせずに7H前後に調整して、クラックの発生を防いでいます。

※ペルヒドロポリシラザンは高硬度9hであるが、クラック発生を防ぐため膜厚は薄く、意外にも微細な擦過キズにも弱く、膜厚をあげるために何層にもコーティングを施工すると剥離する。 ディーラーガラスコーティングは殆どがオルガノポリシロキサンを使用しており高分子の為、定着性が粘着テープのような定着性の為、柔軟性はあるが硬度が3h位しかなく耐久性も実際は1年半位。 弊社ガラスコーティングは低分子シランガラスコーティングの為、高硬度7h~8hであるが柔軟性があるためクラックしづらく、また、低分子のため塗装面の微細な凹凸に浸透しやすく、強靭な密着力が違う。

ガラスコーティング ガラスコーティング 他社で完全無機質でガラスが完全に固まるぐらいの硬化で3μ以上の膜厚になれば劣化します。 ガラスコーティング

上記のような硬化が塗装のうえで定着するとは考えづらい。

薄いプロテクションフィルムにドゥレッザ  ガラスコーティングを実験の為、厚塗りしました。 DSCF2019

ドゥレッザ  ガラスコーティングを塗ったプロテクションフィルムを指で曲げても、ひび割れしません。 DSCF2021

通常のガラスコーティングですと、数μでもここまで曲げるとひび割れしますが、ドゥレッザ  ガラスコーティングは低分子の為、膜厚が厚く、そして硬くても衝撃や湾曲などのストレスにも強い。

硬度とクラック

硬度が硬いほど良いと言われるガラスコーティング商品やサービスがありますが、ガラスコーティングは化学合成品であるため、被膜の硬さが増すほどに脆く壊れやすくなり、「クラック」と呼ばれる微細なひび割れ損傷が発生しやすくなります。

クラックは硬化の過程や使用中の物理的化学的刺激などより発生し、見た目の「クスミ・濁り」になったり、「被膜が剥がれ落ちやすくなる」ことの弊害の原因になります。

今の技術で作ることができるガラスコーティング(非晶質ガラス)は、鉛筆硬度9H程度が最高硬度となりますが、コップや窓ガラスなどの厚みのあるものと比べて、ミクロン(μm)単位の被膜では硬さゆえの脆さの影響が大きくなります。 クラック発生を回避するためには、少し粘り気を持たせる必要があり、6H~8H程度の硬度が最適であると考えます。

膜厚と硬度

膜厚はある程度厚い方が良いと思います。しかし硬度が同じ場合被膜が厚くなるほどクラックが発生しやすくなりますので、上記のような若干の粘り気のある6H~8H程度のガラスコーティングでは2~4μm前後の膜厚が、微細な傷からの保護という意味でもバランスが良いのではないかと考えます。

硬度が同じ場合は、膜厚が厚くなるほどクラックが発生しやすくなるため、硬度9H程度のガラスコーティングでは0.5μm~1μm程度の薄い膜にしないと、クラックの発生が問題になります。 このように余りにも薄い被膜では、摩耗や微細傷も塗装まで達してしまう可能性が高まります。

ガラスコーティングカーコーティングボディーコーティングカーフィルムガラスコーティング横浜ガラスコーティング神奈川ガラスコーティング川崎ガラスコーティング相模原ガラスコーティング横須賀ガラスコーティング鎌倉ガラスコーティング藤沢ガラスコーティング小田原ガラスコーティング茅ヶ崎ガラスコーティング逗子ガラスコーティング秦野ガラスコーティング厚木ガラスコーティング大和市ガラスコーティング伊勢原ガラスコーティング海老名ガラスコーティング東京ガラスコーティング港区ガラスコーティング台東区ガラスコーティング目黒区ガラスコーティング大田区ガラスコーティング世田谷区ガラスコーティング渋谷区ガラスコーティング中野区ガラスコーティング杉並区

ガラスコーティング カーコーティング ボディーコーティング おすすめサービス

ガラスコーティング

Hardness7

柔軟性のある最高硬度7h 硬く・しなやかなドゥレッザ ガラスコーティング
ガラスコーティング

ハイモースコート

コーティングの枠を越えた、ステータスの守護神。
ボディーコーティング

ECHELON Zen-Xero

モース硬度レベルという驚異の硬度を実現し驚異のバリアー性能を発揮します。
車ガラスコーティング

NS-ONE

硬化型コーティングの概念を覆し、理想的なコーティング性能を追求
車ワックス

ハイドロフィニッシュ

親水を越えた、最先端の“疎水性”ガラスコーティング。
車ワックスおすすめ

ECHELON 1043NANO-FIL

大きな性能向上を実現させた新開発3Dネットワーク被膜構造。
ガラスコーティング剤

ECHELON new version

親水系無機の高硬度SiO2ガラス被膜。AQUAMICA使用
ガラスコーティング横浜

ニューリアルガラスコート

未体験の撥水力、透きとおる輝き。
ガラス系コーティング

ポリマーコート

手頃なお値段で「より良いツヤ・持続性・高硬度」を。一般的ですが高い品質をお約束。
車コーティング剤

カーフィルム

プロ仕様高品質カーフィルムをご提供。車種別カット済みで通信販売も行っております。
ガラスコーティング東京

オプションサービス

ホイール、タイヤコーティングの他、プロならではの様々な美観を追求したサービスをご用意いたします。
ガラスコーティング

フロントガラスリペア

ウインドウリペア・ガラスリペア・フロントガラス飛び石 修理のプロフェッショナル

最強ガラスコーティング・カーコーティング・ボディーコーティング取扱店

ガラスコーティング神奈川

ガラスコーティング横浜

ガラスコーティング千葉

ガラスコーティング・カーコーティング・ボディーコーティング NSコーポレーションについて

NSコーポレーション横浜店はガラスコーティング・カーコーティング・ボディーコーティング・カーフィルムを中心に施工台数10,000台以上の実績とお客様の信頼から20年歴史を積み上げてきました。
お客様のニーズに答える為にガラスコーティング・カーコーティング・ボディーコーティングも「ハイモースコート」、「ECHELON Zen-Xero」、「NS-ONE」、「ハイドロフィニッシュ」、「ECHELON 1043NANO-FIL」、「ニューリアルガラスコート」、ガラスコーティング「リアルガラスコート艶プラス」など撥水、親水、疎水、滑水系全てのガラスコーティング・カーコーティングを揃えております。
また、ディーラー採用ガラスコーティング、ガソリンスタンドコーティングの2倍の硬さのあるガラスコーティング「NS‐ONE」や信頼のあるZen-Xeroや1043NANO-FILを取り扱うECHELONや日本最強ハイモースコートやニューリアルガラスコートを取り扱うG'ZOXの商品を取り扱っております。
画像
画像
画像
ガラスコーティング

おすすめメニュー

    Hardness7
    柔軟性のある最高硬度7h 硬く・しなやかなドゥレッザ ガラスコーティング
    ハイモースコート
    コーティングの枠を越えた、ステータスの守護神
    ECHELON Zen-Xero
    モース硬度レベルという驚異の硬度を実現し驚異のバリアー性能を発揮します。
    NS-ONE
    皮膜強度・高撥水力・作業性を兼ね備えたナノハイブリッドタイプのボディシーラント
    ハイドロフィニッシュ
    親水を越えた、最先端の“疎水性”ガラス系コーティング
    ECHELON 1043NANO-FIL
    大きな性能向上を実現させた新開発3Dネットワーク被膜構造
    ECHELON new version
    親水系無機の高硬度SiO2ガラス被膜。AQUAMICA使用
    ニューリアルガラスコート
    未体験の撥水力、透きとおる輝き。
    ポリマーコート
    本来の輝きを取り戻す、当社ポリマー塗装の保護力の高さを実感してください。
    カーフィルム
    高品質のカーフィルム。ご要望に合わせてコーディネート致します。
    オプション
    ホイール、タイヤコーティングの他、様々なサービスをご用意いたします。
施工店募集

最新情報