カーフィルム スモークフィルム 車フィルムの施工 価格が激安!カーフィルム通販もやっております。

お知らせ

2014-08-16
カーフィルム木更津市 関東最安♪ならNSコーポレーションへ

平日施工のお客様がルミクールSD、シルフィードがさらに4,000円引きに!(カーフィルム木更津)

※短期間のキャンペーンになりますので、ご了承下さいませ。

千葉県でカーフィルム・スモークフィルム協力店を募集しております。

カーフィルムの施工が年間1000台以上は関東地域・安さナンバーワン!(カーフィルム木更津)

激安カーフィルム・車のスモークフィルム!「ルミクールSD」は東京・神奈川の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。他社と比較してください!

※弊社は色褪せのある外国製の使用ではなく、すべて日本製ですので5年以上は色褪せしません。
50peroff

↓画像をクリックしますと、施工金額が表示されます♪↓ルミクールSD

カーフィルム・車フィルム・スモークフィルムってなんで貼るの?(カーフィルム木更津)

まずは優先されるのがプライバシーの保護になり、日本車のプライバシーガラスでも透過率が20~30%になり、平均で25パーセント位が多いでしょう。
下記の画像の左側が透過率20%になり、右側画像が30%になり、通常のプライバシーガラスですと、かなり室内が見えてしまいます。

2016-06-30_0849 2016-06-30_0849_001

                                                         しかし、プライバシーガラスの上からカーフィルム透過率7%のフィルムを施工しますと、透過率1~2%になりますので、ほぼ外観からは見えませんので、盗難防止などにもつながります。
下記画像はプライバシーガラスの上から透過率7%施工後の画像になります。

DSCF0038-600x450

では、室内からの視界性はどうなの?
DSCF0039-600x450

↑どの透過率のカーフィルムを施工しても、もともとのプライバシーガラスより若干濃くなるぐらいですので、外観の色合いだけ決めて頂ければ、室内の視界性は良好です。

UVカット(紫外線カット)カーフィルムってなに?(カーフィルム木更津)

UVカット(紫外線カット)カーフィルムは日焼けの防止や室内のインテリアの色褪せを防ぐフィルムになっております。
今の日本車の殆どは運転席・助手席のみUVカットガラスになっており、フロントガラスや後部座席のリア3面、5面のガラスにはUVは入っておりません。
プライバシーガラスが黒いから日焼けしないかと言うと違います。下記のガラスのようにガラス右下部分にUV,UVS,UVUと記載がなければUVカットされてないので日焼けします。皆さんのガラスはどうでしょうか?
外車の90%以上はほぼUVすら入っておりません。
NSコーポレーションのカーフィルムは全てUV99%カットになります。

ガラスごとに下記のUV,UVS,UVUの刻印があるか確認してみてください。
bg__height_800_kb_0_mode_resize_quality_0_ratio__rotate_0_sigmoid__width_

赤外線カット カーフィルムって何?(カーフィルム木更津)

2016-06-30_1832

殆どのお客様がUVカットがあれば暑さ対策や冬場の保温性につながると思われておりますが、UVの他に赤外線もカットしなければ暑さ対策にはなりません。

例として、ルミークルSDを全体的に施工した場合は車内温度に変化はありませんが、ウインコスを全体的に施工すると車内温度は5度位変化し、シルフィード カーフィルムを施工しますと車内温度は11度位変化しますので、燃費の向上にもつながります。
特に外車はガラスの透明度が日本車よりも遥かに高いのでシルフィード カーフィルムをお勧めします。

※よくある赤外線カット率ですが、カット率の測定は測定機関があるわけではなく、メーカーごとに独自の測定結果ですので、実際は体感温度が大事になります。
弊社では実際、体感でき、過去のお客様も体感の違いを実感して頂いております。
皆さんかなり違うと言います!

カーフィルムの種類と性能の違い(カーフィルム木更津)

ルミクールSD
2013-07-22_2233_001-600x139

ルミークルSDは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。

ウインコス
index_ph01-600x194

ウインコスは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。

シルフィード
2013-07-22_2232-600x142

シルフィードは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が11度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
シルフィードはベンツなどを取り扱うヤナセの指定フィルムですので、外車にお勧めです。

透明断熱フィルムFGR‐500
FGR‐500はシルフィードと同じ効果があります。フロント・運転席・助手席にも施工可能です。
透過率は1%しかダウンしないので、どの車でも施工可能となります。

ニュープロテクション
2013-07-22_2240-600x187

ニュープロテクションは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。
一番、黒いカーフィルムを貼りたい場合は透過率5%があります。

ニュープロテクション インフレットピュア
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
安くフロント・運転席・助手席に施工したい場合はインフレットピュアをお勧めします。
但し、日本車の運転席・助手席は透過率73%位であり、インフレットピュアを施工しますと透過率が5%ダウンしますので、ガラスの透明度の高い外車がメインになります。

3Mカーフィルム
3Mカーフィルム

※3Mカーフィルムは自動車整備指定、認証工場のみが取り扱えるフィルムになり、ディーラーの殆どがIR機能のついた「3M カーフィルム」が性能的にも主流になっており、フィルムの性能も今までとは違い200層を超える薄い膜を重ねた特殊な高級フィルムとなっております。

カーフィルム5年保証(カーフィルム木更津)

Pic20-ALL-I_8FD896BE8F9191E5

※お客様の車が車両保険に加入していてガラスが破損した場合、相手方に車をぶつけられてガラスが破損した場合、カーフィルムも保険の対象になります。

NSコーポレーションのカーフィルムは激安ですが、すべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

紫外線を99%カットし、心地よい優しい光と快適な車内環境を生み出します。
断熱性能の違いを体感器で検証。左側がシルフィード、右側が一般スモークフィルムで、スタート時はどちらも26.4℃を示している。
照射後、5分後の温度計は31.2℃と42.1℃を示している。シルフィードを施工した側が10℃以上低いことがわかる。
万が一の事故などで側面ガラスが割れた場合、ガラスが割れて細かく飛び散り大変危険です。
シルフィードを施工したガラス。ガラスは割れますが、フィルムによって飛散が抑えられ、安全性を確保できます。
フロント透明断熱フィルムも施工しております!
カーフィルム「シルフィード」全体的に施工すると車内温度が10度変化します!

カーフィルムスモークフィルム車フィルム車のスモークフィルムガラスコーティング ご来店の多いエリア:

カーフィルム木更津市の地域概要

木更津市(きさらづし)は、千葉県中西部にある市である。君津市への通勤率は11.5%(平成22年国勢調査)。

概要
東京湾に面し房総半島中部の上総地方に位置する。中心市街地は旧木更津町の範囲に相当する木更津地区に形成されており、木更津地区には市役所や木更津警察署、木更津消防本部、木更津図書館などの公共施設、および市の中心駅である木更津駅や重要港湾の木更津港が存在する。市の玄関口に該当する木更津駅前および木更津港を中心に商店街を形成するが、バブル崩壊による経済構造の変化に伴い駅前商店街は活性から衰退傾向に転化する。その代わりに1990年代以降、東京湾アクアラインに代表される高速道路網の整備により、主要交通機関が鉄道とフェリーから自動車へと変化し、館山自動車道や東京湾アクアライン連絡道に接続する国道16号沿いに郊外型の店舗が集中する。

地理
房総半島の中西部、東京湾岸(内房)に面しており、県庁所在地である千葉市から南西約30kmに位置する。東京都心から南東に30~40kmに位置しており、東京圏の範囲に含まれる。但し、東京都心と木更津市との間に東京湾を挟む為、移動距離はこれよりも長くなる。東京湾北側を周回した場合の移動距離は70~80km程度であり、東京湾アクアラインを利用した場合は45km程度である。

市域は東西に長く広がっており、市の東部は山地、西部は平地と地形の性質が異なる。市中西部(木更津地区、清川地区)は東京湾に面しており、東京湾へ流れ込む複数の河川により沖積平野が形成する。また、東京湾臨海地区は木更津港南岸から君津市、富津市に掛けて工業用埋立地となっている。市北部(岩根地区、金田地区、中郷地区)では泥層を主とする田園地帯が広がり、木更津駅から千葉方面に向かって走る列車の車窓からはハス田が確認できる。市南部(波岡地区、鎌足地区)を中心に洪積台地が形成され、住宅地として整備されている。特に鎌足地区ではかずさアカデミアパーク構想における研究開発拠点としての整備が行われている。市東部(富来田地区)は、小櫃川流域では田園地帯を形成し、房総半島内陸部の特徴として見られる房総丘陵の山林が広がっている。
市の主な河川として、県内では利根川に次いで2番目に長く総延長88kmの小櫃川がある。小櫃川は君津市、袖ケ浦市、木更津市の3市を貫流し、市内では東部から北部にかけて流れ下り東京湾へと注いでいる。また、小櫃川河口付近では1,400ha程の盤洲干潟が形成されている。市内には特に高い山が無く、最も高い場所でも 標高200m程度である。

歴史
木更津という地名の由来について、如月の津が転じて木更津になった、木足らずが訛り木更津になったと諸説あるが、一般的には倭建命伝承の一説、君不去(きみさらず)が元になっているというのが通説である(下記の伝承の項参照)。木更津という地名が使われ始めたのは、最も古い文章で1353年(文和2年/正平8年)に記された文献で木佐良津と記されている。ただし、当時の江戸湾沿岸を代表する港は木更津の北にある高柳(現在の木更津市高柳)や富津であったと考えられており、1576年に江戸湾沿岸の諸港に半手(戦国期に領土を争う両勢力が紛争地の租税を暫定的に半分ずつにする事)を認めた北条氏規の朱印状には内陸化した高柳に代わって江川や葛間(現在の久津間、江川とともに木更津市)の名前はあるものの、木佐良津の名前はないため、当時は租税を取る程ではない小さな漁港に近かったと推測されている。
『古事記』や『日本書紀』によると、倭建命が東征の折にこの地方に立ち寄ったと記されており、この事象が元となった地名が随所に見られる。しかしこれらの文献の歴史書としての正確性を考慮すると倭建命という人物は伝説上の架空の人物であり、事実というよりも創作と見解つけるのが妥当である。ただしこの一説を完全否定するのではなく、歴史的に考察するとこの地方には倭王権に敵対する勢力が存在していた事を示しているという説がある。事実、小櫃川流域を中心とする地域には支配階級にあたる豪族(国造)が存在していたとされ、それを証明する古墳群が形成されている。奈良時代の文献には小櫃川流域一帯(現在の木更津市、袖ヶ浦市、君津市の一部に相当)を馬来田国として記されており、この地方を馬来田国造という豪族が支配していたと記録されている。1950年(昭和25年)市内長須賀の金鈴塚古墳(二子塚古墳)の発掘調査が行われる。この古墳は6世紀後半頃に造られたものとされ、馬来田国造の一族のものとされる。この古墳からは大刀や銅容器・武具・古墳名称の元となる純金製の5つの金鈴などが出土されている。
1456年(康正2年)頃上総武田氏の祖である 武田信長が上総守護代となり、上総地方進出の足がかりとして真里谷城を築城する。以降、真里谷城は庁南城 (千葉県長生郡長南町)と並び上総武田氏の居城として繁栄する。武田信長の子孫の内、真里谷城を拠点とするものは真里谷氏を名乗り戦国大名化する。真里谷氏は一族の内紛と第1次国府台合戦の末に勢力が衰退し、上総地方の支配者も真里谷氏から里見氏、北条氏へと移り変わる。1590年(天正18年)真里谷城は豊臣秀吉の小田原征伐で侵攻された後、廃城になる。現在、真里谷城跡はキャンプ場(少年自然の家)として利用されている。
1614年(慶長19年)大坂冬の陣に木更津の水夫24名が徳川幕府方について戦功を上げる。その水夫の功により幕府は、江戸-木更津間での渡船営業権や江戸の日本橋に「木更津河岸」を拝領地として与える等の特権を与える。ただし、その根拠とされている現存文書は史実と矛盾する内容が含まれており、今日では偽文書と考えられている。もっとも、元和年間(1615年)以後に幕府が木更津に代官を置いた記録は確認できるため、これに近い事実はあったと考えられている。幕府は軍事上の目的から主要河川に橋を架けることを禁止し陸路には至る所に関所を設ける政策を採っていたため、この時代の流通手段は水運が主流になる(河岸を参照)この特権により木更津は安房・上総-江戸間との海上輸送を取り扱う流通拠点として急激に発展する。運送には喫水が浅く海川両用の 五大力船が用いられた。木更津から江戸にやってくる五大力船は通称木更津船と呼ばれ、歌川広重の浮世絵にも描かれている。歌舞伎の演目『与話情浮名横櫛』は江戸期に木更津で実際に起きた事件がモチーフとなっており、当時の港町木更津の様子を垣間見ることができる。
江戸時代末期の1825年(文政8年)幕府の旗本であった林忠英は3,000石の加増を受けたことにより1万石の大名として諸侯に列し貝淵藩を立藩する。陣屋を望陀郡貝淵村に設けられるが、2代目藩主の林忠旭の時代に請西村に移し、以降同藩は請西藩と称するようになる。請西藩は、最後の藩主である4代目林忠崇が藩主自ら脱藩し明治政府の東征軍に抵抗したことが朝敵行為とされ、1868年(明治元年)幕府方諸侯の中で唯一改易処分を受ける。
明治新政府樹立後、1868年(明治元年)改易となった請西藩の替わりに松平信敏が上総国貝淵に移封し1万石で桜井藩が立藩する。1871年(明治4年)廃藩置県施行により 8月には桜井藩は廃藩となり桜井県が設置、11月には桜井県を含む旧安房国・上総国に相当する木更津県が設置される。木更津県設置にあたり県庁が貝淵村に設置される。木更津県が存在したのはわずか2年足らずで、1873年(明治6年)には廃止し、印旛県と合併し千葉県となる。1878年(明治11年)制定の郡区町村編制法に基づき望陀郡、周淮郡、天羽郡の郡役所が設置され、1897年(明治30年)望陀、周淮、天羽の3郡が合併し君津郡が成立した時に君津郡役所が設置されており、君津郡地域において木更津市は政治的中心都市であった。1973年(昭和48年)11月に、木更津県県庁所在地のあった桜井藩邸跡に「木更津県史蹟」の石碑が建てられている。
日本国内が軍国主義にある1930年代、木更津は軍都として発展する。1935年(昭和10年)当時の 大日本帝国海軍が帝都防衛を目的として、木更津港北側を埋め立て木更津海軍航空隊を設置する事を決定し、1936年(昭和11 年)4月1日に開隊式が行われる。1941年(昭和16年)同航空隊の北東、君津郡巖根村に海軍工廠(第二海軍航空廠)が設置され、木更津町および巖根村には工廠で働く工員とその家族が移住してくることになり、急激な人口増加による住宅不足の問題に直面する。2町村では大勢の移住者を受け入れる住居や新しく家を建てる土地も無く、隣接する清川村にも移住者の受け皿としての役割を求めるようになり、木更津町、巖根村、清川村の3自治体を中心に合併協議が進められる。後に協議に加わった波岡村を含める4自治体の人口の合計が当時の市制施行条件である3万人を越すことが人口調査の結果で判明し、1942年(昭和17年)木更津市として 市制を開始する。木更津基地は日本初の国産ジェット機にあたる橘花のテスト飛行が行われた場所であり、1945年(昭和20年)太平洋戦争終結以降は米軍の管理下に置かれることになり、1968年(昭和48年)より陸上自衛隊の駐屯地、海上自衛隊の補給所として利用されている。
1961年(昭和36年)木更津市に隣接する君津市へ君津製鐵所の誘致が決定する。その背景には 1950年(昭和25年)に公布された国土総合開発法において千葉県側東京湾沿岸地域の工業地帯化が計画され、農業から工業への転換を図りたい県との思惑が一致し京葉工業地帯の開発が促進されたことによる。製鉄所建設に伴い君津郡地域の東京湾沿岸部で漁業を営んでいた漁家は埋立てによって職を失うことになり、県より漁業補償を受けて漁業権を放棄、転業を余儀なくされた。漁業組合と漁業権放棄に関する交渉が終了し、木更津港南岸から君津市の臨海部の範囲を埋立てて製鉄所の建設を開始、1965年(昭和40年)に君津製鐵所の操業が本格的に開始する。君津市への製鉄所進出は木更津市にも影響を及ぼし、木更津市内には同社の系列・関連会社が進出しその社員および家族の転勤による移住が顕著になる。また1960年代から70年代後半にかけて区画整理事業として清見台、請西、畑沢など波岡地区を中心に計821haの土地の宅地造成が行われる。それにより、市内の人口が1960年には約6万人であったのが80年代中頃には12万人を突破、およそ20年の期間で人口が2倍にまで膨れ上がる。
1983年(昭和58年)千葉県において千葉新産業三角構想が策定される。木更津市およびその周辺都市(君津、富津、袖ケ浦)は新産業三角構想の基幹プロジェクトの一つであるかずさアカデミアパーク構想において、研究開発拠点の母都市に位置付けられる。研究開発拠点の形成を目標としたかずさアカデミアパーク構想に基づき、国際水準に対応した研究機関が集約する研究都市の整備および各拠点とを結ぶ道路網の構築が進められる。かずさアカデミアパークは上総丘陵に整備されることが決定し、1991年(平成3年)に鎌足地区に第一期区画整備が進められ、1994年(平成6年)にはDNA専門の研究所としては世界初となるかずさDNA研究所が開設する。1996年(平成8年)第一期区画整備で計画されていた278ヘクタールについては基幹整備がほぼ完了し、民間の研究所を中心に立地が進められる[9]。かずさアカデミアパーク構想および木更津業務核都市構想に基づき、木更津市を業務核都市として他の都市との道路網の整備が行われ、1995年(平成7年)館山自動車道が木更津南ICまで開通し、千葉市との間を高速道路で結ばれる。1997年(平成9年)東京都心部および神奈川県とを結ぶ東京湾アクアラインが完成。2007年(平成19年)館山自動車道が全線開通したことにより、富津館山道路と直結して南房総市まで結ばれた。2012年(平成24年)に市制70周年を記念して市のマスコットキャラクター「きさポン」が誕生しお披露目された。2013年(平成25年)圏央道が東金JCTまで開通して千葉東金道路と直結し、新産業三角構想の内の「国際物流拠点」を担う成田空港(成田市)と結ばれるようになった。

年表
1871年(明治4年)11月13日 — 木更津県が設置され、木更津県の県庁所在地となる
1873年(明治6年)6月15日 — 木更津県廃止
1889年(明治22年)4月1日 — 布令により木更津町および9村が発足
1912年(大正元年)8月21日 — 木更津線(現内房線)が姉ケ崎駅から木更津駅まで延伸開業する
1912年(大正元年)12月28日 — 木更津駅、久留里駅間を軽便鉄道が開通する(現久留里線)
1920年(大正9年)10月1日 — 第1回国勢調査実施。木更津町の人口は8,551人
1924年(大正13年) — 児童雑誌『金の船』12月号にて童謡『証城寺の狸囃子』発表
1936年(昭和11年)4月1日 — 木更津港北側を埋め立て海軍航空隊を設置
1942年(昭和17年)11月3日 — 市制開始。全国で197番目、県下で6番目の市となる。当時の人口は33,817人
1948年(昭和23年)8月14日 — 第1回港まつり開催
1965年(昭和40年)4月1日 — 木更津港-川崎港および木更津港-横浜港(1972年廃止)をカーフェリー就航
1968年(昭和43年)4月17日 — 木更津港が港湾法に基づき、重要港湾に指定される
1975年(昭和50年)5月 — 中の島大橋完成
1976年(昭和51年)9月10日 — 市の人口が10万人を越す。千葉県で9番目の10万人都市となる
1992年(平成4年) — きみさらづタワー完成
1997年(平成9年)12月18日 — 東京湾アクアライン開通。それに伴いカーフェリー木更津-川崎航路が廃止する
2002年(平成14年)1月~3月 — 木更津キャッツアイがTBS系列で放送
2004年(平成16年)4月28日 — アクア木更津がオープン
2009年(平成21年)8月1日 — 社会実験として東京湾アクアラインでETC普通車の通行料が800円に
2011年(平成23年)4月~ — 鳳神ヤツルギが千葉テレビで放送
2012年(平成24年)4月13日 — 三井アウトレットパーク木更津がオープン(2014年7月17日に、第2期拡張部オープン。(全248店舗))
2015年(平成27年)9月24日 — 市役所庁舎移転

伝承
千葉県には倭建命と源頼朝に関連する伝承が多いという特徴が挙げられる。この特徴は木更津市においても同様であり、市内には関連する伝承が今に伝えられている。『古事記』や『日本書紀』、『風土記』の一説において倭建命伝説が扱われており、木更津市は倭建命が 上総国に渡る場面の舞台として記されている。源頼朝伝説は、源頼朝が伊豆で挙兵したものの平氏との合戦に敗れて安房に逃れ、房総半島の諸勢力の力を得て再起したという歴史的経緯の中から派生したものである。また、童謡証城寺の狸囃子のモチーフとなった、市内の證誠寺に伝わる『證誠寺の狸伝説』が有名である。

人口
市制施行された当初はおよそ3万人の人口であった。市制開始以降は近隣の町村との合併により人口増加を続け、富来田町と合併した時点で人口が86,335人となる。1960年代に入ると県内では内房地域の市町村を中心に、海岸線を埋め立て工業地として整備し、重化学工業メーカーが多数進出する。木更津市においても関連企業の転勤者およびその家族が転入し人口が著しく増加する。1976年(昭和51年) には人口10万人を突破し県内で9番目の10万人都市となり、1985年(昭和60年)には人口12万人を超えた。バブル崩壊で人口が減少に転じたが、1997年(平成9年)を底として反転増加傾向を見せている。

地区                           大字・町名
木更津地区 木更津・新田・幸町・中央・東中央・貝渕・吾妻・富士見・新宿・請西・請西東・請西南・文京・真舟・大和・桜井・桜井新町・桜町・太田・長須賀・朝日
岩根地区 万石・高砂・久津間・岩根・西岩根・江川・中里・高柳・本郷・坂戸市場・若葉町
清川地区 椿・笹子・犬成・日の出町・中尾・菅生・祇園・清川・永井作・伊豆島・清見台・清見台東・清見台南・東太田・ほたる野
波岡地区 畑沢・畑沢南・港南台・小浜・大久保・上烏田・八幡台・中烏田・下烏田・羽鳥野
鎌足地区 矢那・かずさ鎌足・草敷
金田地区 中野・牛込・中島・瓜倉・畔戸
中郷地区 大寺・下望陀・上望陀・有吉・牛袋・牛袋野・曽根・井尻・十日市場
富来田地区 真里谷・真里・下内橋・戸国・茅野・茅野七曲・山本七曲・大稲・田川・佐野・下郡・下宮田・根岸・上根岸
埋立地 他 潮見・潮浜・木材港・新港・築地・北浜町・中の島・海ほたる(中島地先)

経済
状況
木更津市の経済状況は、戦後の高度成長と共に成長し、最盛期には37万人の商圏人口を持つ商業都市として形成されていくが、日本国内で1990年代初頭に起きた「バブル崩壊」[24]により好況から不況へと暗転する。
太平洋戦争中は軍関連の施設が存在したこともあり、その施設関係者と工員が移住したことによって人口が増加し、木更津は軍都として発展する。戦後の高度経済成長期には千葉県の内房地域が京葉工業地域として発展する経緯の中、市の臨海部では埋立が行われ木更津港が工業港として整備され、隣の君津市には八幡製鐵(現新日鐵住金)の 君津製鐵所が誘致される。君津市と接する波岡地区を中心に宅地整備が行われ、製鉄所関係者およびその家族が移住し人口が著しく増加する。人口増加を契機に経済活動が活発になり、木更津駅前には大手販売店であるそごうやダイエー、西友などが進出し、木更津市を中心とする木更津商圏が形成され、県南地域の商業都市として発展する。
1980年代に入ると、千葉県で千葉新産業三角構想が策定され木更津市はかずさアカデミアパーク構想の母都市(他に君津市、袖ヶ浦市、富津市を含む)に位置付けられる。この構想により鎌足地区の丘陵地帯では研究開発拠点の整備が行われ、民間を中心とする研究機関の誘致活動が行われる。また、国の政策として首都圏の大都市問題緩和を目的とする木更津業務核都市構想が計画される。歴史的経緯に明治維新期に木更津県県庁が存在した事、県南部の経済の中心として認識されている事、かずさアカデミアパーク構想等により、木更津市は業務核都市に位置付けられ整備が行われる。その一環として東京湾横断道路建設が計画に含まれる。
東京湾横断道路建設にあたり、当初の事業計画では対岸の川崎市や横浜市、東京など京浜地区との交通の便が良くなる事で人の交流や物流が頻繁となって経済活動に好影響を与えると予想され、住宅購入者の増加や企業進出の増加などが見込まれていた。ところが実際に開通してみると事業計画の予想とは正反対の結果に働き、考えられていた地域振興や発展には繋がらず、逆に経済活動が混迷する事になる。
当初アクアラインの交通量は2万5千台/日と予想していたが、実際に開通した結果は1万台 /日と予想を大きく下回る。期待されていた東京のベッドタウンとしての需要がほとんど発生せず、人口増加や産業発展を見越して計画されていたかずさアカデミアパークや宅地造成地には売れ残りの区画が目立つ状態であり、小売業においては京浜地区の小売業者との競争を否応無しに強いられることになり、物量の面や商圏地域の魅力等の要因により購買客の流出が顕著となり、商圏人口が37万人から12万人に低下、商圏の吸引力低下により商業中心都市から準商業中心都市に格下げられる。結果、木更津市は対岸の京浜地区と県南部の通過点となり、流出面が顕著となったストロー効果が発生する。
また、バブル崩壊による国内の景気低迷の影響により、東京湾横断道路完成を見越して上昇傾向にあった駅前商店街の地価は、1991年のピークを境に著しく下落。1999年から2003年にかけて東京圏における地価下落率の1位[28]となる。また商業地域への影響は大きく、日本長期信用銀行の破綻によるそごうグループに対する金融支援の行き詰まりが要因で2000年7月木更津そごうが撤退、そごうがテナントとなっていた駅前の西口再開発ビル(アインスビル)を運営していた第三セクターもキーテナントを失ったことによって翌年に倒産し、連鎖するように駅東口に出店していたダイエーも閉店する。木更津そごうやダイエーのような駅前の中心的存在であった大型店舗が相次いで撤退した事により、集客力を失った駅前商店街では閉店する店舗が続出し、閑散としたシャッター通りへと変貌する。
行政では1998年に議決された木更津市基本構想において産業発展と国際交流が課題として挙げられており、交通網の整備と物流の強化、雇用の確保と人口増加、市民生活の充実、経済活動の活性化を目標とした基本計画を策定し実施している。2002年にTBS系列で放映された木更津キャッツアイは木更津という名称を全国へ広げることとなり、商店街を中心に観光地を誘致する動きが出てきた。また、駅前の中心的な建物であったアインスビルにはそごう撤退後、8階の空フロアに市民の企業活動支援を目的としたチャレンジセンター(チャレンジセンター Let’s木更津)や、情報通信環境を備えた共同利用型のテレワークセンターを開設し地域活性化に向けた活動が行われ、2004年4月にアクア木更津という新名称で再オープンした。しかしテナントとしていたスーパー・マルエイやJJCLUB100が相次いで閉店、その後2009年にビルの運営・管理を行っていた日本総合企画が倒産し、2010年、木更津市はアクア木更津ビルを売却、以後の管理は売却先の有限会社金剛山が管理することとなった。
2009年8月より、千葉県知事選挙で当選した森田健作知事が千葉県側の負担をもとにETCによる通行料を普通車800円にする社会実験を行っている。前年から行われていた土日祝日のETCによる通行料1000円期間を含め、値下げによる経済効果が出ている。しかしこれは当然一時的なものであるので、これを国政として継続させるために九都県市首脳会議が、2010年7月28日に東京湾アクアラインの料金に関する要望を実施した。

将来
2011年現在、アクア木更津ビルは2010年秋ごろをめどにマリンゲート木更津としてのリニューアルオープンが予定され、生鮮市場やKid’s US.LANDなどがオープンしたが、現在もアクア木更津として運営されており、マリンゲート木更津としてのオープンがどうなったのかは公になっていない。南西部の築地地区には、イオンモール木更津が2014年にオープンした。また、2012年には北西部の金田地区に、三井アウトレットパーク 木更津やベイシア、カインズホーム、東京インテリア家具がオープンしており、周辺地域の発展が期待される。

産業
産業別就業者数の総数は61,106人であり、全体の比率の中では第3次産業が7割近くを占めている。また、分類別で就業者数上位5位を挙げるとサービス業 16,596人(27.2 %)、卸売業・小売業 13,977人(22.9 %)、製造業 8,692人(14.2 %)、建設業 7,918人(13.0 %)、運輸・通信業 4,631人(7.6 %)の順に多い[34]。
市内の産業別事業社数上位5位は卸売・小売業 2,533(47.8 %)、サービス業 1,532(28.9 %)、建設業 584(11.0 %)、製造業 248(4.7 %)、不動産業 150(2.8 %)である。
産業別従事者数(平成12年10月1日現在)
総数 61,106人(100 %)
第1次産業 3,320人(5.4 %)
第2次産業 16,718人(27.4 %)
第3次産業 41,029人(67.1 %)
事業所数(個人、会社総数)(平成13年10月1日現在)
総数 5,302(100 %)
第1次産業 10(0.2 %)
第2次産業 838(15.8 %)
第3次産業 4,454(84.0 %)

農業
木更津市の農業は稲作が中心であり、小櫃川流域を中心に水田が広がっている。一部では野菜や施設園芸といった都市近郊型農業に従事している農家も見られる。現在の農業情勢としては減少傾向[35]にあり、消費者ニーズに対応した農業経営への転換、従事者の高齢化、後継者問題などの諸問題を抱えている状況である。
農家数・耕地面積(平成17年2月1日現在)[36]
農家数 1,873戸(農家人口 6,011人)
経営耕地面積 1,593ha
田 1,350ha
普通畑 180ha
果樹園 62ha

水産業
東京湾内の海岸線が埋め立てられ工業地化する中、木更津市の海岸線では遠浅の砂泥干潟が形成いることから、浅海漁場として海苔養殖や貝類養殖が行われている。特に海苔の養殖については全国でも有数の産地であり、富津市と共に江戸前海苔の産地として知られている。
あさり・乾燥海苔生産状況(平成17年度)
乾燥海苔
共販枚数 86,234千枚
金額 849,098千円
あさり
水揚げ量 2,019トン
金額 711,100千円
漁港
金田漁港(第一種漁港)
牛込漁港(第一種漁港)

商業
木更津市は古くより南房総の物流拠点として発展し商業中心都市として商圏を形成するに至るが、バブル崩壊による不景気が影響し商店数の減少が見られる他、近隣都市の商業施設の増加や消費者ニーズの多様化などの要因が重なり、地元購買力や顧客吸引力の低下が見られる。東京湾アクアライン完成以前は市の玄関口にあたる木更津駅から木更津港にかけて商業地が集中していたが、以降は郊外に店舗が集まる郊外型への転換が見られ、木更津駅前を中心とする中心商業地の空洞化が顕著となる。
商業統計(平成16年6月1日現在)
商店数 1,435件(従事者数 10,731人)
卸売業 315件
小売業 1,120件
年間総販売額 2,714億円

工業
木更津市は京葉工業地域に含まれており、木更津港は重要港湾に指定され工業港として発展する。隣接する君津市に新日鐵住金の製鉄所が立地する関係で、市内には関連の企業が立地する。鎌足地区をかずさアカデミアパークとして研究開発型企業の誘致を進めているが、誘致は難航し使用されていない区画も見受けられる状況である。
工業(製造業)統計(平成16年12月31日現在)[39]
事業所数 100(従業者数 3,546人)
製造品出荷額等 3,661億円

主な企業
製造業
かずさDNA研究所
黒崎播磨:木更津不定形工場
新日鉄住金化学:木更津製造所、木更津総合研究所
ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ:木更津サイト(事業所)
トーヨーカネツ:千葉事業所
三菱ウェルファーマ:かずさ研究所

宿泊業
オークラアカデミアパークホテル
龍宮城ホテル三日月
木更津富士屋季眺

小売業
イオンタウン(イオンタウン木更津朝日)
イオンタウン(イオンタウン木更津請西)
イオンモール(イオンモール木更津)
アクア木更津
三井不動産(三井アウトレットパーク 木更津)
東京インテリア家具(木更津店)
マックスバリュ(太田店・木更津請西店)
ヤマダ電機(テックランド木更津店)
アピタ(木更津店)
いなげや(請西店)
ケーヨーデイツー(木更津店・潮見店)
カインズホーム(カインズモール木更津金田店)
尾張屋(木更津店・岩根店)
おどや(清見台店・羽鳥野店)
せんどう(木更津店)
ベイシア(木更津金田店)
模型の国
通信業
木更津エフエム(83.40MHz)
ジェイコム千葉(ジェイコム木更津)
ニッポン放送 送信所
運輸業
日東交通
小湊鐵道
かずさ交通

学校教育施設[編集]
大学
私立大学
清和大学
短期大学
清和大学短期大学部
高等専門学校
国立高等専門学校
木更津工業高等専門学校
専門学校
私立専修学校
木更津看護学院 – 君津中央病院附属看護学校
高等学校
公立高等学校
千葉県立木更津高等学校 – 千葉県立木更津東高等学校
私立高等学校
暁星国際高等学校 – 志学館高等部 – 木更津総合高等学校 – 拓殖大学紅陵高等学校
中学校
市立中学校
金田中学校 – 岩根中学校 – 岩根西中学校 – 中郷中学校 – 清川中学校- 太田中学校 – 木更津第一中学校 – 木更津第二中学校 – 木更津第三中学校 – 鎌足中学校 – 富来田中学校 – 波岡中学校 – 畑沢中学校
私立中学校
志学館中等部 – 暁星国際中学校
小学校
市立小学校
金田小学校 – 岩根小学校 – 高柳小学校 – 中郷小学校 – 請西小学校 – 祇園小学校 – 木更津第一小学校 – 木更津第二小学校 – 清見台小学校 – 東清小学校 – 西清小学校 – 南清小学校 – 鎌足小学校 – 八幡台小学校 – 富岡小学校 – 馬来田小学校 – 波岡小学校 – 畑沢小学校 – 真舟小学校(2014年4月開校)
私立小学校
暁星国際小学校

交通
道路
主要道路として高速道路には館山自動車道と東京湾アクアラインが挙げられる。館山自動車道を木更津北インターチェンジ(IC)から北方面に向かうと所要時間約20分程度で千葉市に到達し、京葉道路または東関東自動車道を経由して東京都へと結ばれる。また南方面は、木更津南ジャンクション(JCT)を館山方面に向かう事で富津館山道路に接続し、木更津南ICから所要時間30分程度で南房総市まで結ばれる。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)により、木更津JCTから茂原市・東金市など外房方面へのアクセスが改善されている。東京湾アクアラインによって東京湾を挟んだ対岸の神奈川県川崎市と結ばれており、木更津金田IC~浮島IC(約15km)の区間を所要時間約15分程度で移動できる。
一般国道は、国道16号線(袖ヶ浦木更津バイパス)が市内を通過する。国道16号線を北上することで千葉市-柏市-埼玉県…へ繋がり、幹線道路としての役割を持っている。長須賀交差点で外房地域へと結ばれる国道409号線・国道410号線(房総横断道路)、桜井交差点にて館山市を起点とする国道 127号線(内房なぎさライン)に接続している。
高速道路
館山自動車道:木更津北IC-木更津JCT-木更津南JCT(館山方向と木更津南IC方向に分岐)-木更津南IC
東京湾アクアライン連絡道:木更津JCT-袖ヶ浦IC(袖ヶ浦市)-木更津金田IC
東京湾アクアライン:木更津金田IC-木更津金田TB-海ほたるPA
首都圏中央連絡自動車道:木更津東IC – 木更津JCT
一般国道
国道16号、国道127号、国道409号、国道410号
県道
主要地方道
千葉県道23号木更津末吉線、千葉県道87号袖ケ浦中島木更津線、千葉県道90号木更津富津線
一般県道
千葉県道146号木更津根形線、千葉県道160号加茂木更津線、千葉県道166号馬来田停車場富岡線、千葉県道167号馬来田停車場中川線、千葉県道168号鶴舞馬来田停車場線、千葉県道169号南総馬来田線、千葉県道222号木更津停車場線、千葉県道235号巌根停車場線、千葉県道245号木更津港線、千葉県道269号大鷲木更津線、千葉県道270号木更津袖ケ浦線

バス路線
高速バス
1997年以前、対岸の東京都や神奈川県への交通手段は鉄道やカーフェリーが主であったが、東京湾アクアライン開通に伴いフェリー航路は廃止され、代わりにアクアラインを経路とした高速バス路線が充実するようになる。
路線名と主な停留所 … ()内はバス運行会社、太字は市内設置の停留所名
アクアライン高速バス
東京線
木更津線(日東・京成) :君津製鐵所-木更津駅西口-木更津金田BT⇔東京駅-東雲車庫
君津線(日東・京成) :青堀駅-木更津羽鳥野BS-木更津金田BT⇔東京駅-浜松町BT/東雲車庫
鴨川線【アクシー号】(日東・鴨日・京成) :亀田病院-安房鴨川駅⇔木更津金田BT⇔東京駅-浜松町BT
勝浦線(鴨日・京成) :安房小湊/御宿-勝浦駅⇔木更津金田BT⇔東京駅-浜松町BT
横浜線(日東・小湊・京急) :木更津駅東口⇔横浜駅東口BT
川崎線(日東・小湊・京急・東ベ・川崎) :木更津駅東口⇔川崎駅東口
品川線(日東・小湊・京急) :木更津駅東口⇔品川駅東口
新宿線(小湊・小田急) :木更津駅西口⇔バスタ新宿(新宿駅)・新宿駅西口
館山線【新宿なのはな号】(JR・日東) :館山駅⇔木更津羽鳥野BS⇔バスタ新宿(新宿駅)
羽田空港線
木更津線(日東・小湊・京急・東空) :木更津駅東口⇔羽田空港
君津線(日東・京急) :君津製鐵所-木更津羽鳥野BS⇔羽田空港
房総半島縦断
千葉線
鴨川線【カピーナ号】(日東・鴨日・千中) :亀田病院-安房鴨川駅⇔馬来田駅⇔千葉駅
館山線【南総里見号】(日東・館日・京成) :白浜野島崎-館山駅⇔木更津羽鳥野BS⇔千葉駅
成田空港線(日東・小湊・京成):木更津駅西口 – 木更津金田BT – 市原BT – 成田空港
バス運行会社 ()内は上記略称
日東交通(日東)
鴨川日東バス(鴨日)
館山日東バス(館日)
小湊鐵道(小湊)
京成バス(京成)
千葉中央バス(千中)
京浜急行バス(京急)
東京空港交通(東空)
東京ベイサービス(東ベ)
川崎鶴見臨港バス(川崎)
小田急シティバス(小田急)
JRバス関東(JR)

路線バス
市内を運行する路線バスは日東交通・小湊鐵道の2社により運行されている。

鉄道
市内を運行する鉄道路線としてJR東日本の内房線と久留里線がある。内房線の全路線中で2駅、久留里線の全路線中5駅が市内に設置されている。市の中心駅である木更津駅には内房線(普通・特急)、総武快速線、京葉線直通列車が停車する他、久留里線の始発駅になっている。
鉄道路線
JR東日本
■ 内房線 : 巌根駅 – 木更津駅
■ 久留里線 : 木更津駅 – 祇園駅 – 上総清川駅 – 東清川駅 …(この間の横田駅、東横田駅は袖ケ浦市)…馬来田駅
広範囲な連絡
千葉市(千葉駅)約35km
内房線:約40分
東京都(東京駅)約75km
内房線特急:約60分
総武快速線:約80分
京葉線通勤快速:約60分(平日早朝のみ)
隣接市町村との連絡
袖ケ浦市
臨海部:内房線(袖ケ浦駅-巌根駅)
内陸部:久留里線(東清川駅-横田駅-東横田駅-馬来田駅)
君津市
臨海部:内房線(木更津駅-君津駅)
内陸部:久留里線(馬来田駅-下郡駅)

港湾
江戸時代より木更津港は物資の集散港として機能し、1960年代の京葉工業地域の発展に伴い工業港として開発が進められる。1968年には間税法上の開港および重要港湾の指定を受ける。
1965 年から1997年までの間、木更津港はカーフェリーの発着場として機能し、謂わば市の玄関口としての役割を果たしていた。カーフェリーは対岸の 川崎市や横浜市に職場を持つ通勤者の足として利用され、その当時の様子は1987年にTBS系列で放映したドラマ『男女7人秋物語』の作中で、木更津市に住む主人公が川崎市の職場にフェリー通勤するシーンからも垣間見る事ができる。1997年、東京湾アクアライン開通に伴い川崎フェリーが廃止され、木更津港を就航するフェリー航路がすべて廃止となる。現在、着岸地点の可動橋は撤去されており、フェリー発着場としての形跡は残っていない。
2008年4月には、公共埠頭H岸壁が完成、供用開始となった。
2008年8月には、Autoterminal Japan株式会社の手配によって、自動車専用船が初入港。今後も中古車の輸出港としての発展が期待される。
重要港湾
木更津港
かつて就航していたフェリー航路
川崎航路(日本カーフェリー:1965年運航開始~1997年廃止)
横浜航路(東京湾フェリー:1965年運航開始~1972年廃止)

航空
木更津市を中心とする60km圏内には成田空港と羽田空港、2箇所の国際空港が存在し、市上空は空港から発着する旅客機の飛行ルートになっている。羽田空港の場合、風向が北風の時の着陸ルート[44]として、市の上空3,000ftあたりから着陸態勢に入り、東京湾を通過して滑走路に進入するルートが取られる。このルートからならば旅客機の窓より上空から市内を一望することができる。
近隣の空港
東京国際空港(羽田空港:東京都大田区)
成田国際空港(成田空港:成田市)
自衛隊施設
木更津飛行場(ICAO空港コード—RJTK)

画像
画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報