カーフィルム・スモークフィルム・車フィルム施工が日本最安の専門店

お知らせ

2014-08-17
カーフィルム埼玉県 川口市 関東最安♪ならNSコーポレーションへ

平日施工のお客様がルミクールSD、シルフィードがさらに4,000円引きに!(カーフィルム川口市)

※短期間のキャンペーンになりますので、ご了承下さいませ。

埼玉県でカーフィルム・スモークフィルム協力店を募集しております。

カーフィルムの施工が年間1000台以上は関東地域・安さナンバーワン!(カーフィルム川口市)

激安カーフィルム・車のスモークフィルム!「ルミクールSD」は東京・神奈川の平均価格よりも24,098円、「シルフィード」は15,390円もお得です。他社と比較してください!

※弊社は色褪せのある外国製の使用ではなく、すべて日本製ですので5年以上は色褪せしません。
50peroff

↓画像をクリックしますと、施工金額が表示されます♪↓ルミクールSD

カーフィルム・車フィルム・スモークフィルムってなんで貼るの?(カーフィルム川口市)

まずは優先されるのがプライバシーの保護になり、日本車のプライバシーガラスでも透過率が20~30%になり、平均で25パーセント位が多いでしょう。
下記の画像の左側が透過率20%になり、右側画像が30%になり、通常のプライバシーガラスですと、かなり室内が見えてしまいます。

2016-06-30_0849 2016-06-30_0849_001

                                                         しかし、プライバシーガラスの上からカーフィルム透過率7%のフィルムを施工しますと、透過率1~2%になりますので、ほぼ外観からは見えませんので、盗難防止などにもつながります。
下記画像はプライバシーガラスの上から透過率7%施工後の画像になります。

DSCF0038-600x450

では、室内からの視界性はどうなの?
DSCF0039-600x450

↑どの透過率のカーフィルムを施工しても、もともとのプライバシーガラスより若干濃くなるぐらいですので、外観の色合いだけ決めて頂ければ、室内の視界性は良好です。

UVカット(紫外線カット)カーフィルムってなに?(カーフィルム川口市)

UVカット(紫外線カット)カーフィルムは日焼けの防止や室内のインテリアの色褪せを防ぐフィルムになっております。
今の日本車の殆どは運転席・助手席のみUVカットガラスになっており、フロントガラスや後部座席のリア3面、5面のガラスにはUVは入っておりません。
プライバシーガラスが黒いから日焼けしないかと言うと違います。下記のガラスのようにガラス右下部分にUV,UVS,UVUと記載がなければUVカットされてないので日焼けします。皆さんのガラスはどうでしょうか?
外車の90%以上はほぼUVすら入っておりません。
NSコーポレーションのカーフィルムは全てUV99%カットになります。

ガラスごとに下記のUV,UVS,UVUの刻印があるか確認してみてください。
bg__height_800_kb_0_mode_resize_quality_0_ratio__rotate_0_sigmoid__width_

赤外線カット カーフィルムって何?(カーフィルム川口市)

2016-06-30_1832

殆どのお客様がUVカットがあれば暑さ対策や冬場の保温性につながると思われておりますが、UVの他に赤外線もカットしなければ暑さ対策にはなりません。

例として、ルミークルSDを全体的に施工した場合は車内温度に変化はありませんが、ウインコスを全体的に施工すると車内温度は5度位変化し、シルフィード カーフィルムを施工しますと車内温度は11度位変化しますので、燃費の向上にもつながります。
特に外車はガラスの透明度が日本車よりも遥かに高いのでシルフィード カーフィルムをお勧めします。

※よくある赤外線カット率ですが、カット率の測定は測定機関があるわけではなく、メーカーごとに独自の測定結果ですので、実際は体感温度が大事になります。
弊社では実際、体感でき、過去のお客様も体感の違いを実感して頂いております。
皆さんかなり違うと言います!

カーフィルムの種類と性能の違い(カーフィルム川口市)

ルミクールSD
2013-07-22_2233_001-600x139

ルミークルSDは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。

ウインコス
index_ph01-600x194

ウインコスは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。

シルフィード
2013-07-22_2232-600x142

シルフィードは紫外線カット99%の他に赤外線もカットするフィルムです。
車全体に貼ると車内温度が11度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
シルフィードはベンツなどを取り扱うヤナセの指定フィルムですので、外車にお勧めです。

透明断熱フィルムFGR‐500
FGR‐500はシルフィードと同じ効果があります。フロント・運転席・助手席にも施工可能です。
透過率は1%しかダウンしないので、どの車でも施工可能となります。

ニュープロテクション
2013-07-22_2240-600x187

ニュープロテクションは紫外線カット99%カットするフィルムになります。
紫外線カットとは日焼けはインテリアの色褪せの保護になります。
プライバシーの保護と紫外線のみの場合ですと、こちらをお勧めします。
一番、黒いカーフィルムを貼りたい場合は透過率5%があります。

ニュープロテクション インフレットピュア
車全体に貼ると車内温度が5度位かわります。
赤外線カットは夏場のジリジリ感だったり、冬場の室内の保温性を保ちます。
安くフロント・運転席・助手席に施工したい場合はインフレットピュアをお勧めします。
但し、日本車の運転席・助手席は透過率73%位であり、インフレットピュアを施工しますと透過率が5%ダウンしますので、ガラスの透明度の高い外車がメインになります。

3Mカーフィルム
3Mカーフィルム

※3Mカーフィルムは自動車整備指定、認証工場のみが取り扱えるフィルムになり、ディーラーの殆どがIR機能のついた「3M カーフィルム」が性能的にも主流になっており、フィルムの性能も今までとは違い200層を超える薄い膜を重ねた特殊な高級フィルムとなっております。

カーフィルム5年保証(カーフィルム川口市)

Pic20-ALL-I_8FD896BE8F9191E5

※お客様の車が車両保険に加入していてガラスが破損した場合、相手方に車をぶつけられてガラスが破損した場合、カーフィルムも保険の対象になります。

NSコーポレーションのカーフィルムは激安ですが、すべてが日本製であり、量販店のような外国製とは違い色褪せがしません! また、ベンツなどを取り扱う全国ヤナセ指定フィルム採用により、他社の断熱フィルムよりも圧倒的に体感温度は違います! シルフィードはインフレットピュア、ウインコス・スタンダードよりもUVカットはもちろん、赤外線カットがとても優れたフィルムです。

紫外線を99%カットし、心地よい優しい光と快適な車内環境を生み出します。
断熱性能の違いを体感器で検証。左側がシルフィード、右側が一般スモークフィルムで、スタート時はどちらも26.4℃を示している。
照射後、5分後の温度計は31.2℃と42.1℃を示している。シルフィードを施工した側が10℃以上低いことがわかる。
万が一の事故などで側面ガラスが割れた場合、ガラスが割れて細かく飛び散り大変危険です。
シルフィードを施工したガラス。ガラスは割れますが、フィルムによって飛散が抑えられ、安全性を確保できます。
フロント透明断熱フィルムも施工しております!
カーフィルム「シルフィード」全体的に施工すると車内温度が10度変化します!

カーフィルムスモークフィルム車フィルム車のスモークフィルムガラスコーティング ご来店の多いエリア:

カーフィルム川口市の地域概要

川口市(かわぐちし)は、埼玉県南東部の荒川北岸にある人口約58万人の市。人口は政令指定都市を除いた市では船橋市、鹿児島市に次いで全国第3位、県内ではさいたま市に次いで第2位、特例市としては日本で最も多い人口を擁する。

概要
荒川を隔てて東京都と接しており、東京に通勤・通学するいわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がる。東京駅からの距離が大田区と同じ15km圏(蒲田駅まで14.4km、川口駅まで15.8km)に位置している
川口における市街の形成は、江戸時代に日光御成街道の宿場がおかれていた川口宿(現:本町一丁目周辺)に端を発する。近代以降は、中心部において既に地場産業として成立をみていた鋳物工業が、旧川口宿の東側・北東側を中心に集積・拡大をみせ、川口は工業都市としての発展をみた。その一方、東京の都市域の拡大に伴い、宅地化も急速に進展した。近年、鋳物工場は新郷地区等への移転や廃業に伴い、中央地区周辺では往事に比べて大幅に減少しており、今ではほとんどその姿は見られない。このような鋳物工場の跡地の多くでは、その後集合住宅をはじめとする中高層の建築物が建てられており、街の風景は大きな変容を見せている。また、川口市で地理的な中央部にある鳩ヶ谷地域には、江戸時代の旧鳩ヶ谷宿という川口市の中央地区における旧川口宿とは異なる歴史や伝統があり、鳩ヶ谷駅東口の鳩ヶ谷本町付近においては歴史的な建築物や町並みが現在でも残存している。人口増加による無秩序な市街地拡大を防ぐため、芝地区や戸塚地区では区画整理事業が進んでいる。

地理
埼玉県の「中央地域」と呼ばれる県南東部JR京浜東北線・高崎線沿線地域(旧北足立郡地域)のうち、南端に位置する市の1つ。
北をさいたま市、西を蕨市と戸田市、東を越谷市と草加市、南東を東京都足立区にそれぞれ接し、南西は荒川を隔てて東京都北区と接する。
東部地区(戸塚、神根、安行、新郷、鳩ヶ谷など)は大宮台地鳩ヶ谷支台が南北に走る高台になっているが、それ以外のほとんどの地域は低地である。低地部分は住宅地などの都市的な機能、台地部分は畑・樹木畑など近郊型農地としての土地利用が多い。また、芝川が市域中央部を縦断するように流れる。
一級河川 – 荒川、芝川(新芝川を含む)、綾瀬川、藤右衛門川、緑川、竪川、菖蒲川、毛長川

歴史
1869年(明治2年)1月28日 (旧暦) – 武蔵知県事・宮原忠治の管轄区域をもって大宮県が発足(県庁は日本橋馬喰町)。
1869年(明治2年)9月29日 (旧暦) – 県庁が浦和に移転し、大宮県から浦和県に改称。
1871年(明治4年)11月14日 (旧暦) – 浦和県・忍県・岩槻県の3県が合併して埼玉県が誕生。
1873年(明治6年)6月1日 – 川口初の小学校、川口小学校(現:本町小学校)が開校。ただし、現在の川口市では鳩ヶ谷小が最も早く開校した。
1879年(明治12年) – 足立郡の区域をもって行政区画としての北足立郡が発足。郡役所は浦和宿に設置。
1905年(明治38年) – 鋳物製品の品質向上を期し、川口鋳物業組合が結成。
1910年(明治43年)9月10日 – 川口町駅(現在の川口駅)が開業。
1924年(大正13年)10月 – 岩淵水門(旧)が完成し荒川放水路への注水が開始。
1932年(昭和7年)9月1日 – 東北本線の電車線(現在の京浜東北線)、赤羽 – 大宮駅間開通。
1933年(昭和8年)4月1日 – 北足立郡川口町、青木村、横曽根村ならびに南平柳村が合併し、川口市となる(埼玉県内では川越市についで2番目の市制施行、熊谷市と同日。)。市役所は現在と同一の場所である旧青木村域に設置された(それまでの旧川口町役場は、現在の栄町公民館の位置に設置されていた)。
1936年(昭和11年)12月31日 – 武州鉄道行衛駅、神根駅が開業。
1938年(昭和13年)9月3日 – 武州鉄道が経営難を理由に廃止される。
1940年(昭和15年)4月1日 – 鳩ヶ谷町・新郷村・神根村・芝村が川口市に編入される。
1950年(昭和25年)11月1日 – 旧鳩ヶ谷町が住民投票により川口市から分離独立し、新たに鳩ヶ谷町が設置される。これにより旧新郷村域が飛び地になる。
1952年(昭和27年)2月1日 – 川口オートレース場が開設。
1954年(昭和29年)6月 戸田競艇組合設立 当時の構成団体は戸田町、美笹村、蕨町および川口市。現在は戸田市、川口市および蕨市。売り上げの1/4が川口市に入る。
1954年9月1日 – 西川口駅が開業。
1956年(昭和31年)4月1日 – 安行村が川口市に編入合併される(これにより旧新郷村域の飛び地が解消された)。川口市近隣の戸塚村、大門村、野田村が合併して美園村が設置される。
1962年(昭和37年)5月1日 – 美園村のうち、旧戸塚村全域と旧大門村の一部の区域(差間と行衛)が川口市に編入される(旧美園村の残部は旧浦和市と合併したことにより、旧美園村は川口市ならびに旧浦和市と合併したため解体された)。
1965年(昭和40年) – 芝川放水路(新芝川)が完成。
1967年(昭和42年)11月1日 – 川口市立花木植物園(グリーンセンター)が開園。
1973年(昭和48年)4月1日 – 武蔵野線開通。東川口駅が開業。
1990年(平成2年)7月1日 – 川口総合文化センター(リリア)が開設。
1991年(平成3年)10月16日 – 川口そごうが川口駅東口に開店。
2001年(平成13年)3月28日 – 埼玉高速鉄道開通。川口元郷駅、新井宿駅、戸塚安行駅、東川口駅が開業。
2001年4月1日 – 特例市に移行する。
2001年 – 彩の国中核都市の指定を受ける。
2003年(平成15年)2月1日 – 映像産業拠点SKIPシティが開設。
2006年(平成18年)4月6日 – キュポ・ラがオープン。
2011年(平成23年)10月11日 – 鳩ヶ谷市を編入合併。
2012年(平成24年)11月11日 – 「川口宿鳩ヶ谷宿日光御成道まつり」を実施。
2013年(平成25年)12月25日 - 市長の岡村幸四郎が在職中に急逝。
2018年 (平成30年) 4月1日 – 特例市から中核市に移行の予定

人口
1995年に旧浦和市(現:さいたま市)にその座を譲るまで、旧鳩ヶ谷市を除いても埼玉県内において最多の人口を擁していた。住民基本台帳と外国人登録に基づく登録人口が、2009年5月には推計人口がそれぞれ50万人を突破した。2013年6月時点の在留外国人数は2万2287人となっており、これは埼玉県の自治体の中で最大である。平成28年の統計によると国籍別では中国 (16700人)が最も多く、次に韓国・朝鮮(3013人)、ベトナム(1664人)と続き、トルコ(832人)が4番目となっている。これは蕨市・川口市一帯にトルコ国籍の在日クルド人が日本で最も多く住んでいるからである。

経済
本社を置く主な企業
青木信用金庫
川口信用金庫
ASJ
サイボー
エンプラス
川口化学工業(登記上は東京都千代田区に移転)
川口技研
マルシン工業

工業
川口市は東京都大田区や東大阪市とともに工業都市として名高い。中でも最も有名な産業は、鋳物工業である。
江戸時代に農閑期の副業として始まった鋳物工業は、荒川の砂や粘土、消費地江戸への舟運に恵まれて発達した。鍋、釜などの日用品のほか、幕府や諸藩の大砲や砲弾の鋳造が行なわれていた。幕末の動乱期には、勝海舟の指示により川口の鋳物で大砲が製造されている。明治維新後は永瀬庄吉ら先覚者の技術改良や日清、日露戦争、第一次世界大戦による好況に支えられ、(旧)川口町(現:川口駅南東側一帯)は県下最大の工業都市に発展した。その後昭和恐慌によって打撃を受けたが、第二次世界大戦後いち早く民需に切り換えて復活、全国有数の鋳物の街となった。この川口の鋳物の工場街は、女優の吉永小百合をヒットさせた映画『キューポラのある街』(1962年公開)の舞台ともなった。1964年の東京オリンピックでは、川口の鋳物で聖火台が作られた。
しかし大半が従業員30人未満の中小企業である鋳物業者は、京浜工業地帯の大企業の下請生産が多いため不況の影響を受けやすいという弱みがあった。また東京に近いことから1960年代以降は急激に都市化が進み、地盤沈下や騒音などの公害がひどくなったため、1965年以後、市街地からの工場の計画的移転が実施されるに至った。1971年までに川口駅近くに点在していた鋳物工場の多くは新郷地区などの郊外工業団地へ移った。駅西口にあった旧工業技術院公害資源研究所は茨城県つくば市に移転し、現在は産業技術総合研究所の一部門を形成している。
さらに1970年代以降、鋳物工場の跡地に高層マンションが建設が続いている。都市計画の用途地域上工業地域や準工業地域といった形態規制の緩い地区に指定されていることが理由にあげられる。

商業
主な商業施設
そごう川口店
キュポ・ラ
かわぐちキャスティ
アリオ川口(主なテナント – イトーヨーカ堂、MOVIX、須原屋、HMV)
イオンモール川口(主なテナント – イオン、ユニクロ)
イオンモール川口前川(主なテナント – イオン、ユニクロ、GAP、スポーツオーソリティ、ノジマ、須原屋、無印良品)
ミエルかわぐち(主なテナント – ヤオコー、ヤマダ電機、アルペン、g.u.、西松屋)
ララガーデン川口(主なテナント – ヨークマート、コナミスポーツクラブ、三越川口(小型売店)、ユニクロ)

地域
概ね旧町村域ごとに、町名・大字名とは別の地区名称が存在する。主にこれは「○○地区」という呼ばれ方をするが、第3次川口市総合計画等、「○○地区」ではなく「○○地域」と表記された文書も存在する。ただし、旧川口宿ならびに旧川口町域に関しては、川口地区とは称さずに中央地区と称している(現在の川口における地理を考えると決して「中央」に位置しているわけではないが、川口市における中心部の意から「中央地区」と称されている)。そして、旧南平柳村域に関しては、南平(なんぺい)地区と称しており、「南平柳地区」とは称されてはいない。
川口市役所や川口駅ならびに川口元郷駅のある中心市街地は南西部に位置する。荒川を隔てて東京都に面し、鉄道やバス路線で結ばれていることから、東京都と通勤・通学の行き来が多い。駅周辺は、竣工当時日本一の高さだったエルザタワー55をはじめ、超高層マンションが林立する。川口駅前一帯の中央地区、川口駅西側の横曽根地区を中心に、中央地区の東に隣接し川口元郷駅が所在する南平地区の西部、中央地区の北に隣接し市役所が所在する青木地区の南部へと市街地が広がる。南平地区には南部や西部の川岸に工場や倉庫が集まっている地域もある。東京都区部に隣接し、また東京都心から10数kmの距離にある市南西部は、戦前の比較的早い時代から都市化が進んだ。このため中央・横曽根・南平柳の各地区及び北部を除く青木地区は、首都圏整備法上の既成市街地としての指定を受けている。
南部を除く青木地区と横曽根地区の北部、およびその北西の芝地区は、西川口駅や蕨駅を最寄りとした市街地になっており、地理的に蕨市がこれらの地区に食い込んだような市境となっている。芝地区の一部はさいたま市の南浦和駅が最寄りの地域もある。住宅と商店が密集し、多くの商店は川口駅周辺から連なって産業道路沿いに存在し、地区内の他の主要道路でも住宅地と商店街が混在するなど全域市街化されているが、青木地区の中北部には青木町公園総合運動場、川口オートレース場、SKIPシティ、イオンモール川口前川など大規模な施設も立地している。
東川口駅がある戸塚地区は川口市最北東に位置し、南西部に位置する中央地区から最も遠い位置にある。東川口駅開業に伴い昭和50年代から開発され、以降も相次ぐ区画整理により、市内でも特に都市計画道路が整備された市街地が形成されている。地区全体を南北に縦断している「けやき通り」沿いに商店が立ち並び、けやき通りから離れると住宅街が広がる。市域西部の市街がおおむね川口駅前の中央地区から連続した街並みであるのに対し、戸塚地区は独自の発達をしている。また地理的に隣接する、さいたま市緑区や越谷市との関わりも深い。地区北部の東川口駅は武蔵野線と埼玉高速鉄道線の乗換駅であり、また地区南端に戸塚安行駅も開業するなど交通の便がある。戸塚安行駅の開業に合わせ同駅周辺の区画整理が進行している。
戸塚地区の西に隣接する神根地区は一部を除き殆どの地域が大宮台地上に位置し、市内では最も緑が多く坂も多い。都市計画上の市街化調整区域はこの地区に集中する。西部の柳崎・北園町・在家町など芝川西岸に東浦和駅周辺の住宅地としてさいたま市域と繋がった街並みが存在するため、隣接する箇所を中心に同市との関わりが深いが、それ以外の芝川東岸の地域は新井宿・安行領根岸周辺、芝川西岸から道合・神戸付近まで至る「たたら荘前通り」周辺などの一部を除き、市街化された地域は最小限となっている。従って、それ以外の地域では現在でも多くの畑や植木苗の畑が見られ農業が盛んである。地区南部には新井宿駅の開業によって、武州鉄道の廃線以来63年ぶりに地区内唯一の鉄道駅ができた。この地区は面積が最も広く、東北自動車道や東京外環自動車道などが縦横に通り、川口ジャンクション、川口パーキングエリアも存在する。また、川口市立グリーンセンターや川口市立医療センター、イオンモール川口が立地している。
戸塚地区の南に隣接する安行地区は植木栽培が盛んであり、川口緑化センターなどの植物に関係する施設が多い。安行の南にある新郷地区は市域東端で、中央地区周辺から移転してきた鋳物工場などの関係で工業施設が多いほか、関東広域AMラジオ局の文化放送の送信所がある。安行の北部は戸塚安行駅が近いが、この2地区には鉄道が通っていないためバス路線が非常に発達している。西に隣接する鳩ヶ谷地区を越えて中央地区の川口駅などを利用するほか、東に隣接する草加市との関わりが深く、松原団地駅や新田駅、草加駅を最寄り駅とする地域がある。南部では、東京都交通局日暮里・舎人ライナーの開業により、南に隣接する東京都足立区の見沼代親水公園駅も利用可能となった。
鳩ヶ谷地区は、平成23年10月11日に旧鳩ヶ谷市から川口市へ編入合併されたことにより、旧鳩ヶ谷市域は川口市における一地区となった。南平地区、青木地区、神根地区、新郷地区、安行地区ならびに東京都足立区に包囲されており、地理的には川口市の中央部に位置している。同地区における公共交通機関として、埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅や南鳩ヶ谷駅がある。また、鳩ヶ谷地区の北部では、神根地区内の新井宿駅が至近に存在する。

教育
小学校
川口市立青木北小学校
川口市立青木中央小学校
川口市立朝日東小学校
川口市立朝日西小学校
川口市立安行小学校
川口市立安行東小学校
川口市立飯塚小学校
川口市立飯仲小学校
川口市立上青木小学校
川口市立上青木南小学校
川口市立神根小学校
川口市立神根東小学校
川口市立木曽呂小学校
川口市立在家小学校
川口市立幸町小学校
川口市立差間小学校
川口市立芝小学校
川口市立芝中央小学校
川口市立芝西小学校
川口市立芝樋ノ爪小学校
川口市立芝富士小学校
川口市立芝南小学校
川口市立慈林小学校
川口市立十二月田小学校
川口市立新郷小学校
川口市立新郷東小学校
川口市立新郷南小学校
川口市立戸塚小学校
川口市立戸塚綾瀬小学校
川口市立戸塚北小学校
川口市立戸塚東小学校
川口市立戸塚南小学校
川口市立仲町小学校
川口市立並木小学校
川口市立根岸小学校
川口市立原町小学校
川口市立東本郷小学校
川口市立東領家小学校
川口市立舟戸小学校
川口市立本町小学校
川口市立前川小学校
川口市立前川東小学校
川口市立元郷小学校
川口市立元郷南小学校
川口市立柳崎小学校
川口市立領家小学校
川口市立鳩ヶ谷小学校
川口市立中居小学校
川口市立辻小学校
川口市立里小学校
川口市立桜町小学校
川口市立南鳩ヶ谷小学校
中学校
川口市立青木中学校
川口市立安行中学校
川口市立安行東中学校
川口市立上青木中学校
川口市立神根中学校
川口市立岸川中学校
川口市立北中学校
川口市立小谷場中学校
川口市立在家中学校
川口市立幸並中学校
川口市立芝中学校
川口市立芝西中学校
川口市立芝東中学校
川口市立十二月田中学校
川口市立戸塚中学校
川口市立戸塚西中学校
川口市立仲町中学校
川口市立西中学校
川口市立榛松中学校
川口市立東中学校
川口市立南中学校
川口市立元郷中学校
川口市立領家中学校
川口市立鳩ヶ谷中学校
川口市立八幡木中学校
川口市立里中学校
高等学校
埼玉県立川口高等学校
埼玉県立川口北高等学校
埼玉県立川口工業高等学校
埼玉県立川口青陵高等学校
埼玉県立川口東高等学校
埼玉県立鳩ヶ谷高等学校
川口市立川口高等学校
川口市立川口総合高等学校
川口市立県陽高等学校
大学
埼玉学園大学
ものつくり大学ものつくり研究情報センター川口サテライトオフィス(上青木)
短期大学
川口短期大学
専門学校
早稲田大学川口芸術学校
特別支援学校
埼玉県立川口特別支援学校
川口市では、「川口市奨学資金貸付制度」という奨学金制度がある。高等課程を高等学校・高等専門学校・専修学校として、専門課程を大学・短期大学・専修学校として定義、設定している。なお、奨学金は返還義務がともなう。

交通
市西部をJR京浜東北線が縦断、北部をJR武蔵野線が横断し、市域中央部を埼玉高速鉄道線が南北に貫く。JRの鉄道路線が共に市域の外周部近くに位置するため、埼玉高速鉄道開通以前は市中央部および東部が鉄道空白地帯であった。地域によっては隣接する他区市の赤羽駅、赤羽岩淵駅、蕨駅、南浦和駅、東浦和駅、松原団地駅、新田駅、草加駅が最寄り駅となる場合もある。日暮里・舎人ライナーの開業により、東部地域では見沼代親水公園駅なども利用可能となる。
主要道路は市域中央部を国道122号、東部を首都高速川口線がそれぞれ縦断、北部を東京外環自動車道(高架下は国道298号)が横断し、川口ジャンクションでそれら全てと東北自動車道が交わる。荒川を隔てた東京都北区へは、国道122号のみが通じているため、終日渋滞しており、また付近で交通取締を行うことも多い。

鉄道
■ 東日本旅客鉄道(JR東日本)
■ 京浜東北線
– 川口駅 – 西川口駅 – (蕨駅) – (南浦和駅) – ※蕨駅〜南浦和駅間、川口市内を走行する。
■ 武蔵野線
– 東川口駅 –
■ 埼玉高速鉄道
■ 埼玉高速鉄道線
– 川口元郷駅 – 南鳩ヶ谷駅 – 鳩ヶ谷駅 – 新井宿駅 – 戸塚安行駅 – 東川口駅 –
中心となる駅:川口駅
市内を東北本線(宇都宮線)・高崎線・湘南新宿ラインが京浜東北線と並行して通っているが、停車するホームがない。(いずれも東京都北区の赤羽駅とさいたま市浦和区の浦和駅間の区間である。) なお、50万人以上の人口を抱える市で有料の優等列車が1本も停車しないのは川口市のみである。

路線バス
一般路線バス
国際興業バス(全域)と東武バスセントラル(一部)が市内を運行する。
コミュニティバス
みんななかまバス
国際興業が受託。2006年10月より赤字の為経費削減を実施し、年末年始を除く平日・土曜日のみの運行。
2013年12月14日に3路線系統(全路線)が廃止され、16日に7路線系統が新設され運行開始。同時に、運行車両も変更された。
ミニは〜と( – 2013年12月14日)
鳩ヶ谷地域を中心として運行していた。みんななかまバスと同様に国際興業が受託。ルートは北ルートと南ルートの2つある。現在は、みんななかまバスに新路線として編入(一部ルート変更あり)。

タクシー
タクシーの営業区域は県南中央交通圏で、さいたま市・鴻巣市・上尾市・戸田市などと同じエリアとなっている。

道路
高速自動車国道
東京外環自動車道
外環浦和IC(所在地は川口市芝富士)
川口西IC
川口中央IC
川口JCT
川口東IC
東北自動車道
川口JCT
都市高速道路
首都高速川口線
川口JCT
新井宿出入口
安行出入口
新郷出入口
東領家出口
いずれの高速道路からも川口JCTでは乗り降りできない。
一般国道
国道122号(通称:ワンツーツー。埼玉県管理)
国道298号(東京外郭環状道路。国土交通省直轄)

国道298号線

国道122号線
※旧一級国道(1 – 58号)が通らない市では最も人口が多い(50万人以上市では他に東大阪市のみ)。
県道
主要地方道
埼玉県道1号さいたま川口線
埼玉県道34号さいたま草加線
埼玉県道35号川口上尾線
埼玉県道58号台東川口線
埼玉県道68号練馬川口線(オリンピック道路)
埼玉県道89号川口停車場線

埼玉県道239号
一般県道
埼玉県道103号吉場安行東京線
埼玉県道104号川口草加線
埼玉県道105号さいたま鳩ヶ谷線
埼玉県道106号東京鳩ヶ谷線
埼玉県道107号東京川口線
埼玉県道110号川口蕨線
埼玉県道111号蕨桜町線
埼玉県道161号越谷川口線
埼玉県道235号大間木蕨線
埼玉県道239号足立川口線
埼玉県道255号足立さいたま自転車道線
埼玉県道328号金明町鳩ヶ谷線
埼玉県道332号根岸本町線

画像
画像
画像

カーフィルムメニュー

最新情報